メルカリで儲かった韓国仕入れの商品リストを特別に公開する

どうも、チンパンジーまさるです。

 

みなさんは韓国に旅行をしたことはありますか?

近頃、若者の間で土日を利用しての韓国旅行がブームのようですね。

 

日本から近い、物価も安い、食べ物が美味しい、航空券も安い時期なら往復1万円以下というのが人気の理由でしょう。

 

そんな僕も先日4泊5日で韓国を満喫してきました!

目的は遊び9割、残った1割は現地仕入れですね!

※遊びの詳細はここで書くとGoogle様に怒られるため省きます。

 

さて、韓国での現地仕入れですが、

有名な方法である、東大門(トンデムン)の卸売りの業者と交渉するようなガチガチの仕入れは行っていません。

 

実は韓国旅行で大体の人が立ち寄るであろう、明洞(ミョンドン)やロッテマートなどにも転売できる商品は山ほど存在しているため交渉する必要もないんですよ

つまり観光スポットで普通に買い物をして、帰国後メルカリかヤフオクに出品をするだけで利益を出すことができます。

 

さすがに1回で20万円稼ぐとかになるとちょっと厳しいですが、ある程度の仕入れ資金と事前にリサーチさえしていれば実質無料で韓国旅行するくらいなら可能です。

他にもタイや香港でも小規模の現地仕入れをやったことがありますが、個人的に韓国がダントツで稼ぎやすかったですね。

 

そんな訳で今回は簡単に入れができて儲かった韓国商品の例を紹介したいと思います。

注意点として、“儲かった”リストなので同じ商品を仕入れても100%儲かるとは限りません。

あくまでも参考程度にお願いしますね。

キャラクターグッズ

ラインフレンズ、BT21などのキャラクターものは日本でも根強い人気を誇っており、それらの韓国限定グッズをメルカリに出品するといいお小遣いになります。

 

例えばこちらはBT21のハンディ扇風機ですが・・・

夏の時期だとメルカリで6666円で売れており、現地価格は公式ショップでなんと約2500円

 

送料と手数料差し引いて1つあたり3000円の純利益なので、5つ買ってメルカリで売るだけで往復航空券代がチャラなるみたいなもんですね(笑)

 

しかもBT21の公式ショップは明洞(ミョンドン)、東大門(トムデムン)、江南(カンナム)など至るところに存在しているので観光のついでに仕入れやすいです。

さすがにもう寒いので扇風機の相場は下がっていますが、新商品次第では今後もお金を稼ぐチャンスが到来するかも知れないので要チェックです。

韓国コスメ

韓国は美容大国なので質のいいコスメを格安価格で購入ができます。

 

元々の価格が安いので1つ辺りの利益はどうしても低めになってしまいますが、サイズが小さくて軽いのでまとめ買いしても日本に持って帰るのが楽なのがメリットですね。

例えば韓国限定NIVEAのリップクリーム。

メルカリで2本2700円で売れていますが現地で買えば1本500円ほどだったと思います。

明洞(ミョンドン)に行けば大量のコスメショップがありますし、ロッテマートなどの大型ショッピングモール、街中のコンビニでも購入できますよ。

韓国アイドルグッズ

日本の若者の間で大人気の韓国アイドルですが、現地の若者の間でも大人気のようで明洞(ミョンドン)では至るところに韓国アイドルのグッズ屋が存在しています。

もちろん、本場韓国でしか発売していないアイドルグッズも大量に存在しているので、それらをメルカリに出品することでお金を稼ぐことができます。

 

メルカリでは特にTWICEのグッズの取引が盛んですね。

限定IQOS(アイコス)

今話題の電子タバコであるIQOS(アイコス)は世界中に限定カラーが存在しており、もちろん韓国限定カラーも存在しています。

現在、韓国限定カラーはメルカリで15500円で取引されていますが、空港の免税店で約10000円で販売されていたと思います。

 

仕入額にしてはやや利益が少ないですが、需要の高い商品ではあるので余裕があれば帰りの空港で探してみてはいかがでしょうか?

アニメグッズ

近頃、韓国の若者の間で日本のアニメなどのオタク文化が浸透してきており、ソウルの龍山などで時々コラボカフェが開催されてます。

 

コラボカフェの限定品は期間内に海外に行かないと手に入らないのもあり、日本では現地価格の数倍の値段で取引される傾向があります。

例えばこの缶バッチはメルカリで3800円ですが現地価格で1つ350円ほどです。

注意点として商品によっては1人1つまでの購入制限があったり、事前に予約してないと入店できない場合もあるため、ツイッターなどで事前に情報を収集しておきましょう。




 

ファッション仕入れは難易度が高い

韓国仕入れといえばオルチャンファッション!

と言いたいところですが、ファッション仕入れはお小遣い稼ぎレベルでやるのはオススメできません。

 

現地でかわいいと思った服を買ってそれをメルカリに出品したとして、それが売れるか、利益が出せるのかはその人のセンス次第になります。

今まで紹介した商品はメルカリで検索すれば相場が出てくるものばかりなので、仕入れる前に判断が可能ですが、現地仕入れのファッションとなると相場は自分で決めなくてはなりません。

 

要は利益を出すには目利きが必要だったり、基本的に値札が付いていないので価格を交渉する必要がある点も敷居が高いかなと僕は思います。

それこそ東大門(トンデムン)の卸売り業者と交渉するような仕入れ方法になってしまいますからね。

あとはブランド品の知識がないとコピー品を知らずに買ってしまう危険性もあるので要注意です。




  

韓国で仕入れる際の注意点

韓国は日本と比べて罰則が甘いのかそこら中で偽物が販売されています。

特に露店で売られているキャラクター物やブランド物などはほぼ100%権利者の許可なく製造されたコピー品なので絶対に買わないようにしましょう。

 

個人使用が目的なら帰国時に税関で没収程度で済みますが、商用目的と判断された場合は処罰の対象となってしまいます。

もし偽物を日本に持ち込んでメルカリかヤフオクに出品し誰かに通報された場合、良くてアカウントの永久停止、最悪の場合は逮捕されてしまいます。

何度も言いますが、露店で売られているようなブランド品を仕入れないよう気をつけましょう。

 

↓他にも商品リストを公開していますのでご参考下さい。




  



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトはお金に関する情報を提供するライフハックならぬ【マネーハック】ブログです。 メルカリ・ヤフオクせどり、輸入転売などを中心としたネットビジネスの情報を初心者でもなるべくわかりやすく発信することを心がけます。 【無料だけど有料レベルの記事】をモットーに多くの人のお役に立てれば幸いです。