メルカリで購入者が連絡・入金してくれない時の対処法を解説する

どうも、チンパンジーまさるです。

 

メルカリで商品を出品していると、なかなか代金の支払いをしてくれない困った購入者に遭遇することが多々あります。

購入して翌日くらいに「やっぱお金がないからキャンセルしたい」と言われることもありますが、やっぱり一番厄介なのが音信不通になるパターン。

 

取引メッセージで入金の催促をしても返信なし、取引をキャンセルしてもいいか聞いても返信なし・・・

このような場合、どう対処すればいいのかわからない人も多いのではないでしょうか?

 

今回は、メルカリで購入者が入金してくれない時の対処法について解説していきます。

スポンサーリンク

3日間は待とう!

まず絶対にやってはいけないのは、購入されてから翌日で入金の催促をすること。

最低限、購入されてから3日間待ってから入金の催促をしましょう。

 

こちらとしては早く取引を進めたいのは山々ですが、購入されて1日程度で「まだですか?」と入金の催促をするべきではありません。

相手も仕事や用事で忙しかったりするでしょうし、下手に催促をして相手の気分を害してしまうと、トラブルや悪い評価を付けられる原因となるからです。

 

それと3日間待つべき理由がもう1つ、メルカリの支払い期限が購入後3日以内で設定されていることです。

 

つまり、支払い期限内(3日間以内)で催促して購入者とトラブルになった場合、運営からペナルティを受けるのは出品者側になるんですよ。

仮に購入者が支払い期限ギリギリに入金したとしても、期限に間に合っている以上は購入者は何も悪くないですからね。

 

なので、無用なトラブルを避けるためにも、購入されて3日間は入金の催促をしないことをオススメします。

 

それか、購入者がコンビニ・ATM払いを選択しているのを確認した時点で、

「この度はご購入誠にありがとうございます。お支払はいつ頃を予定されておりますか?お手数ですがご返信をよろしくお願い致します。」

と挨拶と一緒に自然な形で聞いてしまうのもアリですよ。

もちろん、それで返信がなかったら大人しく3日間待ちましょう。

3日間待ってダメなら入金の催促をする

「3日待ってみても連絡も入金もない・・・」

ここでようやく催促のメッセージを購入者に送りましょう。

 

この時あなたは無責任な購入者に対し、さぞイラ立っているでしょうが・・・

絶対に暴言を吐いたり感情的になってはいけません。

あくまでも丁寧な言葉づかいで入金の催促をしましょう。

 

自分で考えるのが面倒なら、以下の例文をコピペしても大丈夫ですよ。

催促時の例文

「この度はご購入誠にありがとうございます。既に支払期限が過ぎておりますが、ご入金はいつ頃の予定になりますでしょうか?大変お手数では御座いますが、ご返信を何卒よろしくお願い致します。」

ダメな催促例

「入金はまだですか??もう3日も待っているんですけど!!」

喧嘩腰で催促したところでまず返信してもらえないでしょうし、嫌がらせや報復される危険性があるため下手に刺激しないのが1番です。

逆上した購入者に通報された場合、暴言を吐いたこちらまで利用停止処分などの重いペナルティーが課せられる可能性もありますからね。

 

こういってはなんですが、

自分から購入しておいて支払いをブッチする時点で、その購入者はマトモな人間とは言い難いです。

そんな人と争っても何もメリットはないので、面倒ではありますが丁寧な対応を心がけましょう。

運営に取引キャンセルの申請をする

メルカリでは支払期限(購入から3日)が過ぎて、購入者から入金も返信もない場合のみ、運営に取引キャンセルの申請が可能になります。

 

キャンセルが可能となると、取引画面の一番下に【取引をキャンセルする】という項目が現れます。

それを押すとキャンセル理由を入力する項目が表示されるので、「購入者から入金がない・連絡が取れない」と入力して送信。

数時間後〜翌日でその取引はキャンセルとなります。

 

この場合、購入者都合によるキャンセルとなるのでこちら側にペナルティーは一切ありません。

支払い期限も過ぎている以上、「取引をキャンセルしてもいいですか?」と購入者に聞く必要もありませんよ。

キャンセルが可能になった時点で、さっさとキャンセルして次の購入者を探しましょう。

無責任なユーザーはブロックしよう

取引をキャンセルした後に、また同じユーザーに購入されたら嫌ですよね?

嫌がらせなのか知らないですが、支払いブッチしたユーザーにまた同じ商品を購入されることが稀にあります。

そうならないためにも、ブッチしたユーザーをブロックしてしまいましょう。

ブロックのやり方

  1. ブロックするユーザーをタップ
  2. 右上の【・・・】をタップ
  3. この会員をブロック

こちらがブロックしたことは相手には通知されませんし、ブロックした時点でこちらの商品に対して購入&コメントができなくなるので報復もできなくなります。

リスクゼロというか、もはやメリットしかないので多少面倒でも支払いブッチしたユーザーのブロックはやっておきましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください