意外と知らない!?中国輸入で仕入れてはいけない商品を紹介する

どうも、チンパンジーまさるです。

 

中国輸入で稼いでいく上で何より気をつけたいのがコピー品の存在ですが、

Aliexpressやタオバオでは当たり前のように偽物ブランドが販売されています。

 

もちろん偽物の販売がダメなのはみなさんもご存知だと思いますが、

中には知らないうちに偽物の販売をしてしまっている例も存在します。

 

「海外限定商品だと思った」

「ノーブランドだから大丈夫だと思った」

恐らく悪意はないのであろう出品者をメルカリでちらほら見かけます。

 

しかし本人に悪意はなくとも、

商標権を侵害する商品を販売すると罪に問われる可能性があります。

 

知らなかったでは済まされませんので、

今回は画像を交えて中国輸入で仕入れてはいけない商品例を紹介したいと思います。

無断コラボ商品

ヤフオクやメルカリではよくこのようなものが、

「海外限定のフィギュアです!」と出品されています。

 

確かに海外限定であることは間違いないのですが、

当然これは公式グッズではありません。

 

中国のコピー製品あるあるですが、

他作品同士のコラボ商品を許可を得ずに勝手に製造しています。

 

Aliexpressで売られているキャラクターものはほぼ全部コピー品と言い切れるので、珍しいものを見つけても絶対に仕入れて転売してはいけません。

 

少し前に無断コラボ商品の販売目的の所持で逮捕者がでましたね^^;

最悪の場合はこうなりますので絶対に仕入れないようにしましょう。

オリジナル商品

 

このように権利者の許可なく勝手に製造されたオリジナル商品も存在します。

日本では売っていない商品なので需要はありますが販売はもちろん違法です。

 

稀に中国イベント限定の公式商品が発売されることもありますが、

それらの正規品はまずaliexpressでは出回ることはありません。

 

何度も言いますが、

中国からキャラクターものだけは絶対に仕入れないようにしましょう。




 

モノグラム柄

このルイヴィトン風のノーブランドのスマホケースですが、

 

「ロゴが入っていないからセーフ」と思われがちですがルイヴィトンの場合はアウトです。

 

ルイヴィトンはこのモノグラム柄、つまりデザイン自体に意匠権が存在しているのでモノグラム柄のノーブランド品の販売は違法となります。

 

本来デザインだけならフランク三浦というフランクミューラーのオマージュブランドのように、

他社ブランドと混同させるような販売方法を取らなければ問題はない事例があります。

 

要は販売時に◯◯風!とか某高級デザイン!とか記載せずに、

あくまでもオリジナル商品ですよ!という体で販売するのは問題ありません。

 

しかし、モノグラム柄のように意匠権が存在していることもあるので、ロゴがないだけの明らかな丸パクリ商品は仕入れないほうが無難ですね。




 

S-SHOCK

中華系の商品で多いのが、CASIO(カシオ)のG-SHOCK風の腕時計です。

 

デザインが似ている程度ならセーフなんですが、

雑貨屋やメルカリでよく目にするC-SHOCKやS-SHOCKは完全にアウトになります。

 

CASIOは製品化していないだけでA~ZまでのSHOCKを既に商標登録しています。

 

そのため中国などで勝手に製造された、

S-SHOCKなどの日本での販売は違法になりますので注意しましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトはお金に関する情報を提供するライフハックならぬ【マネーハック】ブログです。 メルカリ・ヤフオクせどり、輸入転売などを中心としたネットビジネスの情報を初心者でもなるべくわかりやすく発信することを心がけます。 【無料だけど有料レベルの記事】をモットーに多くの人のお役に立てれば幸いです。