【仮想通貨】DASH(ダッシュ)とは?将来性と購入方法について徹底解説!

DASH(ダッシュ)とは?

DASHとはプライバシーを重視した匿名系の仮想通貨の事で、元々は「ダークコイン」という名称でしたがイメージの問題からか2015年にDASHに改名しました。

仮想通貨で一番有名なビットコインもアドレスが暗号化されており匿名性がありますが、取引履歴が公開されている以上、最悪そこから個人を割り出し残高や住所が特定されてしまう危険性があります。

DASHはそういったプライバシーやセキュリティ面を保護するために開発されており、最も安全な通貨を目指しています。

coinjoin(コインジョイン)方式による高い匿名性

coinpostより引用

coinjoin(コインジョイン)方式とは上記の図のように、複数の送金依頼をまとめて一度プールでごちゃまぜにすることで、『どのアドレスからどのアドレスに送金されたか』の特定を困難にします。

この方式のおかげでビットコインや他の通貨に比べて非常に高い匿名性を誇っているのです。

一瞬で終わる決済速度

ダッシュという名称通り、送金速度がわずか1秒(長くても4秒)と非常に優れています。

ビットコインは送金完了まで10分、他の匿名通貨のMonero(モネロ)は2分と考えると異常な速度です。

DASHは高いプライバシー保護と優れた送金速度を持っており決済面で非常に優秀といえます。

ビットコインのように決済に10分以上かかるのは電子決済としては使えたものではありません。

すでにアメリカではDASHで決済できる自動販売機が設置されているようです。

ジンバブエの公式デジタル通貨を目指している

ジンバブエはハイパーインフレによって経済崩壊を引き起こし、ついには2015年ジンバブエドルが廃止となりました。

自国の通貨がなくなったので、代わりに米ドルとビットコインが取引手段となりましたがどちらも国内での流通が少ないため、米ドルの闇取引・ビットコインの闇取引が行われているのが現状です。(一時期日本では1BTC=90万のときにジンバブエだけ1BTC=160万と異常なことになっていました)

DASHはジンバブエの決済サービスである『KuvaCash』と提携することによって、ジンバブエでの公式デジタル通貨を目指すプロジェクトを掲げてします。

もしかするとDASHはジンバブエの救世主となる日が来るかもしれません。

DASHの将来性は?

DASHは2018/02/18現在 時価総額11位で1DASH=約74000円となっています。

日本では知名度が低めですが海外(特にアメリカ)ではかなり人気の通貨です。

既にアメリカではDASH決済ができる自動販売機の設置や、「米国で最も成長する企業」17位に選ばれたStrike Social社がDASH決済の導入を発表など、すでに決済手段として浸透しつつあります。

優れた送金速度とプライバシー保護の観点から今後増加するであろう、無人コンビニなどとはかなり相性が良さそうです。

しかし匿名性が仇となり、ダークウェブ(違法サイト)での決済手段としてDASHが使用されていることや、コインチェック事件で盗まれたNEM(ネム)がDASHを通して洗浄されるなどの問題もでてきており、今後匿名通貨への風当たりが強くなる可能性があります。

仮に日本を含む先進国から規制が入ったとしても、DASHにはジンバブエでの公式デジタル通貨を目指すプロジェクトがあるので、僕も少額ですが機能面ではなくジンバブエでの普及目線でDASHに投資をしています。

今後良くも悪くも荒れそうな通貨ではあるので、投資は必ず自己責任と余剰資金でお願いします。

DASHはどこで買えるの?

DASHは国内ではコインチェックが取り扱っていますが、まだ取引再開の見通しが立っていません。

現在DASHを購入するのであればBainance(バイナンス)がおすすめです。

バイナンスは海外の取引所ですが、世界一の取引高を記録しており非常に信頼できる取引所といえます。

登録と購入方法は下記の記事で紹介していますのでご参考下さい。

 

【世界一の取引所】Binance(バイナンス)の登録方法と使い方を画像付きで超わかりやすく解説!!

バイナンス登録はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトはお金に関する情報を提供するライフハックならぬ【マネーハック】ブログです。 メルカリ・ヤフオクせどり、輸入転売などを中心としたネットビジネスの情報を初心者でもなるべくわかりやすく発信することを心がけます。 【無料だけど有料レベルの記事】をモットーに多くの人のお役に立てれば幸いです。