20代は株より自分に投資したほうが確実に稼げる!

どうも、チンパンジーまさるです。

 

近年の日本では投資に対する需要が高まってきており、「貯金するくらいなら投資に回せ!」という意見を多く見かけるようになりました。

低金利政策、インフレ対策などの背景もあるため、これからの日本において投資で資産運用することはかなり重要になってくるでしょう。

 

ですが、あなたがまだ20代の若者であるなら話は別です。

ぶっちゃけ、20代は資産運用なんてやっている場合じゃないですよ。

他にもっとやることがありますからね。

 

そう、それは自己投資です。

もし20代で株を買う余裕があるなら、そのお金を自分に全力で投資して下さい。

そちらのほうが株を買う何倍ものリターンが得られるからです。

 

「なぜ20代で投資をするべきでないか?」

「なぜ自己投資のほうが重要なのか?」

今回はこの2つをテーマに解説していきます。

スポンサーリンク

少額で株を買ってもリターンは薄い

ぶっちゃけ、少額で投資を始めるのはオススメしません。

理由としては勝ったところで大したお金にならないのと、反対にお金を減らすリスクがあるから。

 

まず、投資を始めるには最低10万円近くの資金が必要となりますが、その程度の少額投資だと大したリターンが見込めないんですよ。

投資の勉強だと割り切るのなら別にいいとは思いますが、利益重視だとちょっと無理がありますね。

 

一応僕は現在25歳で少額投資していますが、あくまでも投資の勉強としてやっているだけでお金を稼ごうなんて微塵も考えていません。

投資の勉強がしたいなら無料のデモトレードでも充分なくらいですよ。

 

まあ、10万円程度の投資なら、年間でプラス2万円の利益が出れば大喜びしていいくらいです。

えっ、少なすぎるって?投資ってそんなもんですよ。

まともに投資で稼ぎたいなら最低でも200万円くらい元手がないと厳しいでしょう。

 

たまに【投資で3万円→300万円まで増やす方法】なんて話がありますが、ああいうのに手を出すべきではありません。

大体はレバレッジ(簡単に言うと借金して)投資をするか、怪しげな高額ツールを買わされる未来が待っています。

ちょっと前なら仮想通貨投資で大儲けも可能でしたが、今は見るも悲惨な相場になっており今からの参入はオススメしません。

 

何より投資のデメリットって、逆にお金が減ってしまうリスクです。

「銀行に預金するよりも投資だ!」なんて言葉に踊らされると、結局貯金したほうがマシだったなんて結果にもなりかねません。

特に2019年現在では、米中貿易摩擦の影響で株価が軒並下がり続けており、多くの投資家が損失を被っていますからね。

 

つまり「投資をしなさい」という言葉を鵜呑みにして、無理して始めるようなもんでもないんですよ。

そもそも投資って、お金が余って使い道のない人がやるもんですから。

 

ぶっちゃけ、20代の若者が無理して少額投資をするくらいなら、そのお金を全力で自分に投資したほうが遥かに有意義。

言ってしまえば、株なんて売却・暴落してしまえばそれまでですからね。

資格を取ったり、語学を学んだり、海外旅行をしたりなど若いうちにスキルや経験を積んだほうが確実にリターンが取れますよ。

20代は30代に向けての成長期間

「なんで20代は自己投資の方が大事なの?」

 

その疑問に答えるとするなら、

「20代で自己投資をしないとロクな30代になれないから」

 

あなたの周りにもいませんか?こんな30代。

  • お金の話になると急に黙る
  • 親・先輩・テレビから入る情報が世界の全て
  • 我慢する事こそが美徳
  • 日本から出たことがない
  • 勉強?なにそれ美味しいの?

もし、あなたの周りにこんな先輩がいるなら絶対に見習わないほうがいいですよ。

マジで貧困層まっしぐらになりかねませんから。

 

特に「お金稼ぎ=悪いこと」「勉強なんて学生がするもの」この2つの価値観はヤバイです。

ぶっちゃけ、そんな思考をしている時点で資本主義社会での負け組確定ですからね。

 

まずお金という存在は、現代社会で生活するにおいて切っても切れない存在ですよね?

山に篭って自給自足の生活でもしていない限り、順序はともあれ五本指に入るほど人生において重要な存在なのは間違いありません。

そんな大切な物を「お金=悪」だなんて忌み嫌っていては、一生お金に困り続ける人生を送ることになってしまいます。

 

実際こういう人に限って「お金がない」が口癖で、パッとしない人間が多いですからね。

自分からお金を否定している以上、そうなって当然ですが。

 

そんなお金の呪縛から開放されるには、自分からお金の知識をつけるしかありません。

会社以外の稼ぎ方を知る、税金に対する知識をつける、消費と投資の違いを学ぶなど・・

 

お金の勉強という自己投資をしない人間は一生搾取される側となってしまいます。

複雑な携帯料金、保険のプラン辺りがいい例でしょう。

世知辛いですが、世の中は情弱から絞り取ることで成り立っている以上は仕方がないのです。

 

割りとマジで、勉強をしない大人は一生搾取される底辺のまま幕を閉じることになります。

そんな人生を歩まないためにも、20代のうちからしっかりと自己投資をしておきましょう。




株より自己投資のほうが安く済む

自己投資の中でも、特にオススメなのが読書をすることですね。

読書は自己投資効果がかなり高く、費用もほとんどかからないのが魅力です。

 

読書って言わば、人生の攻略本を読むようなもの。

本を読めば読むほど人生が豊かになります。

読書は人生の攻略に必須

  • お金の本を読めば、お金を稼ぐ手段が増える
  • 会話術の本を読めば、仕事やプライベートで役に立つ
  • 成功者が書いた本を読めば、自分も成功者の思考を得られる

読書をしている人は年収が高く、読書しない人は低所得者が多い。

実際にこのようなデータも出ているくらい、読書は人生をも左右する重要な自己投資なのです。

 

つまり10万円で株を買うよりも、1万円分の読書をしたほうが稼げる人間になれるってことですよ。

 

そんな本1冊の価格は新書で買っても1500円程度、中古本なら100円〜500円程度と激安。

なんなら図書館にある本を読めば無料ですからね。

 

ぶっちゃけ、本以上にいい意味で価格崩壊している商品は存在しないでしょう。

それくらい読書という自己投資はコスパがいいので、1000円くらいケチらず未来の自分にどんどん投資することをオススメします。

本を読むならKindle Unlimitedがオススメ!

これから読書を始める人にKindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)というサービスをオススメします。

なぜなら月額980円で多くの電子書籍が読み放題となるからです。

 

この手の読み放題サービスって、だいたい肝心のラインナップが微妙だったりしますが・・・

Kindle Unlimitedでは多くの有名な書籍が読み放題対象となっているので、かなりコスパのいいサービスとなっています。

 

中でも、以下の3冊を読んだことがないなら是非とも読むべきです。

【仕事は楽しいかね?】

 

【人生の教養が身につく名言集】

 
 

【ホセ・ムヒカの言葉】



 
普通に買うと1000円以上する書籍が月額980円で読み放題なので、コスパはかなりいいと断言できます。

月1冊だけのペースで読んでも基本的に元は取れるので、普段あまり本を読まない人でも損をすることはないでしょう。

 

ただ、読み放題対象の書籍は定期的に入れ替わるため、時期によっては当たりハズレが出てくることもあります。

デメリットは以下でまとめていますのでご参考下さい。

ビジネス書以外にも、マンガや雑誌、小説など多くのジャンルが読み放題対象となっており、娯楽としても普通にコスパがいいです。

今なら最初の30日間は無料で体験できるので、ぜひ自己投資にお役立て下さい。

 

Kindle Unlimited無料体験はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください