【コロナに負けるな!】在宅でもできる!オススメの副業を5つ紹介する!

どうも、チンパンジーまさるです。

 

新型コロナウィルスの影響で時短営業などを余儀なくされ、収入が減少する人が急増しているようです。

かくいう僕自身も他人事ではなく、本業が暇すぎるので休日は専ら家に引きこもって副業に専念しています(泣)

 

政府による生活保障も多少は期待していますが、正直会社と政府頼みではあまりにも心細いのが現実。

いつまでこの状況が続くのかも不明なので「自分の身は自分で守る」ができないと、生活が苦しくなる一方かもしれません。

以前から言われていることですが、自力で稼げるか否かで格差が拡がっていくことも予想されますからね。

 

さて、前置きが長くなりましたが、今回は以下のような人を対象とした記事を書きました。

コロナで生活がピンチ!

  • 「収入が減ってしまってピンチかも・・・」
  • 「副業をしたいけど危ないから外に出たくない」

これから紹介する副業は全て自宅で作業できて、素人でもやる気と向上心さえあれば稼げるものに厳選しています。

コロナ不況だの何だの言われていますが、頑張って色んな意味でも一緒に生き残りましょう!

スポンサーリンク

クラウドソーシングで稼ぐ

いま一番ホットな稼ぎ方は間違いなく『クラウドソーシング』でしょう。

クラウドソーシングとはインターネットを介した業務委託のことで、様々な在宅ワークを請け負うことができます。

クラウドソーシングがオススメが理由

  • 自宅から出なくても仕事ができる
  • やる気次第でいくらでも稼げる
  • 時間の融通が利きやすい

募集されている案件は豊富で、

【アンケート、データ入力、記事作成、翻訳、イラスト作成、ネット声優、動画編集、プログラミング】などなど・・・

例えば、漫画が好きな人であれば、以下のような案件に挑戦してみるのもいいでしょう。

これらの案件はクラウドワークスなどで募集がかけられています。

もちろん、スキルの有無によって単価が上下するのですが、スキルがないから稼げないという事はありません。

単純なデータ入力などの単価が低い案件であっても、貪欲に数をこなせば月2万円くらいは可能です。

最初のうちは承認率が高い「タスク形式」の案件を中心に、スキマ時間を使ってコツコツと稼いでみましょう。


 

セルフバックで稼ぐ

セルフバックは一般的に自己アフィリエイトと呼ばれており、自分で自分にアフィリエイト案件を紹介することでキャッシュバックを得る手法です。

セルフバックの流れ
  1. ASPに登録
  2. セルフバック対応の案件を探す
  3. 申し込む
  4. 後日セルフバック報酬発生

ASPを経由して、普通に買い物・申し込みをするだけなので誰でもできます。

狙い目の案件としては、年会費無料のクレジットカードの発行。

例えば『楽天カード』だと時期によっては、発行するだけでタダで1万円の報酬を得られます。

そのほかにも無料会員登録だけで、報酬が発生する案件も多数存在します。

A8.netもしもアフィリエイトなどの大手ASPで探してみるといいでしょう。

ブログで稼ぐ

趣味ブログを運営して広告収入、アフィリエイトで稼ぐという方法もオススメです。

本格的にワードプレスで始めても初期投資1万円程度、はてなブログなら初期投資ゼロ円で始められます。

月辺りの維持費もサーバー代など1000円程度なので、収益が出てない期間でもそこまで家計を圧迫しないのも利点ですね。

 

なによりブログのメリットは消費を投資に変換できる部分にあります。

例えば、ゲームを買ってプレイして普通なら「楽しかった」で終わるところが、レビュー記事を書いてブログに投稿すれば広告収入になりますからね。

 

ただし、収益化までに時間がかかるのは覚悟しておきましょう。

特にブログを始めたての頃は、全然アクセスが集まらず収益も発生しにくいため、モチベが下がって脱落する人が非常に多いです。

 

逆に1年ほど継続していると、読者やGoogleなどの検索エンジンから認められて、記事を書けば書くほど収益が伸びやすくなります。

その状態になれば更新をやめても毎日収益が発生する、いわゆる不労所得になってくれるのがブログで稼ぐ最大のメリットと言えるでしょう。

すぐに稼げる方法ではないですが、時間に余裕があるなら個人的にイチオシの副業ですね。

動画配信で稼ぐ

YouTubeに動画を投稿して広告収入を稼ぐのもアリです。

動画編集スキルが必要だったりなどやや敷居が高いですが、5Gの期待から急激にユーザー数が伸びている熱いプラットフォームなのは間違いありません。

 

YouTubeでも投稿した動画が資産として働いてくれるため、軌道に乗れば不労所得になりますしブログと違って維持費もかからないのも利点でしょう。

ただし動画編集でそこそこのスペックのPCが必要だったりなど、人によっては多少の初期投資が必要になるかもしれません。

 

「動画編集に興味はあるけどネタが思いつかない!」

という人は、先程紹介したクラウドワークスなどで動画編集の案件に応募して稼ぐのもアリでしょう。

今後、動画コンテンツは間違いなく伸びる分野なので、編集スキルを高めておいて損はないと思います。

投資で稼ぐ

最近はコロナウィルスの影響で株価や為替変動が激しく、不謹慎かもしれませんがある意味チャンスとも言える相場が到来しています。

本来、短期投資で稼ぐには結構な元手が必要だったのですが、変動が激しいおかげで少ない元手でもリターンを得やすくなっているからです(逆に一気に失う可能性もありますが)

僕は短期投資をやっていないので詳しくないのですが、2月に投資デビューした友人がコロナ相場で【30万円→140万円】まで儲かったらしいのでチャンスであることは間違いないでしょう。

 

個人的にはコロナ終息後を見通して、

回復する見通しのある企業を仕込んでおく、中〜長期投資をするほうが確実かなと思っています。

良くも悪くも「10年に1度」と言われている相場なので、自己責任の上で参入してみてはいかがでしょうか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください