メルカリで偽物を出品したらどうなるのか解説しよう

どうも、チンパンジーまさるです。

 

よくネット上で「メルカリは現代のブラックマーケット」だとネタにされることもありますが、それはすでに一昔前の話。

最近では東証マザーズ市場に上場したのもあり、海賊版のような違法要素の排除にはかなり力を入れています。

ぶっちゃけ、最近だとヤフオクのほうがブラックマーケット化しているくらいです。

 

そんな現在のメルカリで偽物ブランドを販売してしまうとどうなるのか?

今回は偽物を販売する危険性について解説していきます。

スポンサーリンク

アカウント停止

昔のメルカリだと偽物が当たり前のように出品されていましたが、今ではだいぶ偽物を見かける機会が減ったなと感じます。

それだけメルカリが偽物の取締りに力を入れているという事でしょう。

 

そんなメルカリで偽物を出品した場合どうなるか?

 

もちろん、即座にアカウントが停止になります。

 

偽物の出品はメルカリでは重大な規約違反と見なされ、警告などの猶予もなく一発でアカウントが停止するでしょう。

ちなみにアカウントが停止すると、そのアカウントでは出品だけでなく購入も不可能となってしまいます。

昔はそれでも新規アカウントを作り直せばすぐに復活できたのですが、2017年にメルカリがその方法を規制。

現在ではメルカリのアカウントは1個人つき生涯1アカウントまでが基本となっています。

つまり、アカウントが停止になると2度その人名義で利用も再登録もできなくなるんですよ。

 

そうなると不用品を処理するにも、買い物をする度に友人などに代行してもらうしかありません。

めちゃくちゃ不便ですよね?

最近だと、メルカリの売上金でキャッシュレス決済ができるメルペイが登場したりなど、メルカリはまだまだ将来性があります。

偽物の販売のみならず、メルカリのアカウントを使い捨て覚悟で運用するのは非常にもったいないと思いますよ。

刑事罰の対象になる

メルカリのアカウント停止だけで済むならまだ幸運なほうでしょう。

なぜなら偽物の販売は立派な犯罪だからです。

刑事罰の対象となり、商標法違反・著作権法違反で10年以下の懲役、または1000万円以下の罰金が適用されます。

 

中国などから偽物を仕入れて販売する利益なんてたかが知れており、基本的には1品辺り3000円程度の利益でしょう。

その程度の利益で摘発されたら1000万円の罰金って、普通に考えて割りに合いませんよね?

しかも、前科者という不名誉な称号までついてくる訳ですし。

 

「どうせそんなの脅しでしょ?」

と思った人もいるでしょうが、実際にメルカリで偽物を販売して逮捕された例はかなり多いです。

よくニュースで「偽物をフリマサイトで販売したとして・・・」と耳したことがあるのではないでしょうか?

 

偽物を販売したのが1品だけだろうと逮捕された事例もありますからね。

全国ニュースに晒されるのが嫌なら、偽物の販売だけは絶対にしないようにしましょう。

偽物だと知っている・知らないは関係ない

勘違いしている人も多いですが、偽物を販売して「知らなかった」は通用しません。

もし「知らなかった」が通用したら、どんなに大規模でやっていようが1回だけ無罪放免になってしまう以上は仕方がないでしょう。

 

なので、正規品かどうかの判別がつかないブランド品はメルカリに出品しないようにして下さい。

万が一にもそれが偽物だった場合、大変なトラブルになりかねませんからね。

 

もちろん悪徳業者から偽物を掴まされて、「偽物なので格安でお譲りします!」と他の人に売り渡すのもダメです。

偽物を個人使用で所持するのは問題ないですがが、販売目的の所持と実際に販売してしまうのはアウトになります。

 

もし、メルカリで悪徳出品者から偽物を購入してしまった場合は、すぐに返金の申請をしましょう。

冒頭でも述べたように、最近のメルカリは違法要素の排除にかなり力を入れているので、きちんと手順を踏めば必ず返金案件に持ち込めるはずです。

詳しい返金手順については以下の記事をご参考下さい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトはお金に関する情報を提供するライフハックならぬ【マネーハック】ブログです。 メルカリ・ヤフオクせどり、輸入転売などを中心としたネットビジネスの情報を初心者でもなるべくわかりやすく発信することを心がけます。 【無料だけど有料レベルの記事】をモットーに多くの人のお役に立てれば幸いです。