好きなことで稼ぐ!?遊戯王カード転売について解説する

どうも、チンパンジーまさるです。

 

みなさん、遊戯王はご存知ですか?

一時期ブームだったのもあり、「学生のときにやってたな〜」って人も多いかと思います。

そんな僕は今でもやってるんですけどね←

 

遊戯王を知らない人に説明すると対戦型のカードゲームのことです。

いわゆるトレカってやつですね。

遊戯王は歴史が長く、日本だけでなく世界中で愛されているカードゲームなので、1枚で100万円超えするレアカードが何種類も存在しています。

 

今回お話するのはそんな一攫千金的な内容じゃなくて、“遊戯王カードの転売でお小遣い稼ぎができるよ”って内容です。

遊戯王はレアカードだけでなくノーマルカードすらも価格変動が激しいため、“遊戯王は株”という迷言が生まれているほどです。

 

最初に言っておくと、多少は遊戯王の知識は必要ですし、これだけで食っていくのも難しいです。

あくまでもお小遣い稼ぎレベルではありますが、遊戯王プレイヤーは好きなことで副収入を得ることができます。

そして、遊戯王を1ミリも知らない人でも稼ぐ方法も存在するので、それについても記事の後半で解説していきますね。

カード価格の高騰・暴落が頻繁に起きる

遊戯王は今年で20周年を迎えており、つまり20年分のカードプールが存在します。

そのため、新しいカードとの偶然的なシナジーによって10年前の微妙だったカードがいきなり凶悪な性能に化けたりする、という現象が頻繁に起きてしまうのです。

そうなると、1枚20円で投げ売りされてたカードが急に1枚200円くらいまでに高騰するんですよ(笑)

 

これが“遊戯王は株”と言われている理由で、新カードの発表時点で高騰するであろうカードをイチ早く察知して買い集めておけば儲かる・・・という訳です。

 

他にも世界大会で結果を出したデッキは評価が高くなり、みんながマネをするので大会直後は上位入賞者が採用したカードの価格が高騰することが多いですね。

高騰する前に優勝者のデッキをそのまま作成して、メルカリで利益を得る方法もあります。

 

自分で予想するのが難しいという人は、Googleで【遊戯王 高騰】と検索すれば高騰するカードの予想をしているサイトが多数ヒットするので、それらを参考にするのもアリですよ。

禁止カード指定による高騰・暴落

基本的に大勢のユーザーに採用される強いカードが高騰しますが、ゲームバランスの調整でそのような強いカードは禁止カードに指定されることがあります。

使用禁止になると公式試合では使えなくなるので、そのカードの価値が一気に暴落します。

 

逆にルール改定で禁止が解除されると、また価格が高騰します。

有名どころで言えば、“ハーピィの羽根箒”でしょう。

禁止カードに指定されているときは1枚150円程度でしたが、ルール改定で1枚だけ投入可能になったことにより1枚2000円近くまで高騰した例があります。

禁止の解除を予想して、150円のときに買い集めていた人達は大儲けできたでしょうね^^;

とはいえ、禁止カードの解除予想は1ミリも遊戯王を知らないという人には、判断が難しいというより不可能だと思うのでオススメはしません。

自分が実際に遊戯王をやっているか、遊戯王に詳しい知人が居るならやってみるのもアリですね。

高額カードの転売には知識が必須

実際、遊戯王の転売で稼ぐにはかなりの知識量が必要となります。

なので、「遊戯王を1ミリも知らないけど転売で稼ぎたい」という人にはシングルカードの転売はハードルが高いかもしれません。

単純に覚えるべきカードの種類が多いのもありますが、同じカード名・同じイラストでも製造時期による型番違いでまた相場が変わるからです。

 

例えば、“青眼の白龍 ブルーアイズ・ホワイトドラゴン”というカード。

このブルーアイズ・ホワイトドラゴンというカードは同イラスト・イラスト違い含め、現時点で計30種類以上もの型番が存在します。

 

例えば、ヤフオクで落札相場を調べるとブルーアイズが高額で落札されてますが・・・

これはSM-51の型番のブルーアイズだからこそ17000円台で取引が成立したのです。

なので、その辺のカードショップで200円のブルーアイズを仕入れて、ヤフオクで出品しても200円でしか売れません。

イラストだけで判断せず、かならず型番と相場を一致させた上で仕入れを行う必要があります。




 

遊戯王の知識がなくても稼ぐ方法

遊戯王を1ミリも知らない人でも手を出しやすいのがサプライ品の転売です。

サプライ品というのはプレイマットやスリーブなどの周辺グッズですね。

 

その中でも公式スリーブの転売が特にオススメですよ。

ここがオススメ!

  • 仕入れ単価が安い
  • 高騰の予想が立てやすい
  • 保管場所を取らない
  • 発送が楽

スリーブを含むサプライ品は、再販がほとんどされずプレミア化しやすい傾向があります。

なので売れ筋さえ把握して、ある程度寝かせる前提であれば脳死で仕入れても利益を出せます。

仮に予想が外れても定価で在庫を捌けば大した損害はないですしね。

 

高騰の予想が立てやすいというポイントですが、今まで高騰しているスリーブにはわかりやすい法則があるんです。

 

それは美少女系の公式スリーブのほとんどがプレミア化していることです。

遊戯王ユーザー(というかTCGユーザー)は男性が多数を占めているのもあり、かわいい美少女スリーブは需要が高いため生産が終了してからもジワジワと値上がりを続けます。

 

マドルチェ【定価420円→3800円】

サイレントマジシャン【定価350円→1300円】

フレシアの蟲惑魔【定価350円→1700円】

※2018年12月時点の相場です。

 

僕もフレシアの蟲惑魔スリーブが更に高騰することを期待して5つほど寝かせています(ΦωΦ)

みなさんも余裕があれば、寝かせて長期投資をしてみてはいかがでしょうか?




 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください