遊戯王カード転売って稼げるの?やり方や注意点について解説する

どうも、チンパンジーまさるです。

 

みなさんは遊戯王をご存知でしょうか?

一時期ブームだったのもあり「学生のときにやってたな〜」って人も多いかと思います。

そんな僕は今でもやってるんですけどね←

 

一応、遊戯王を知らない人に説明すると対戦型のカードゲームのことで、いわゆるトレカってやつです。

遊戯王は20年以上と歴史が長く、世界中で人気のあるカードゲームというのもあり、1枚で100万円超えするレアカードも多く存在します。

今回お話するのはそんな一攫千金的な内容ではなく、“遊戯王カードの転売でお小遣い稼ぎができるよ”って内容です。

 

最初に言っておくと、遊戯王の転売で稼ぐには多少の知識が必要になりますし、これだけで食っていくのもかなり難しいです。

あくまでもお小遣い稼ぎレベルではありますが、好きなことで副収入を得られるという意味では悪くない稼ぎ方だと思います。

一応、遊戯王を全く知らなくても稼ぐ方法も存在するので、順を追って解説していきますね。

スポンサーリンク

カード価格の高騰・暴落が頻繁に起きる

遊戯王は現時点で20周年を迎えており20年分のカードプールが存在します。

そのため、新しいカードとの偶然的なシナジーによって、10年前の微妙だったカードがいきなり凶悪な性能に化けたりする、という現象が頻繁に発生します。

そうなると1枚20円で投げ売りされてたカードが、急に1枚300円くらいまで高騰するんですよ(笑)

 

直近で言えば「サタンクロース」がいい例でしょう。

ストレージで20円程度で投げ売りされていたカードなのに、急に多くのデッキで採用されるようになり1枚600円まで高騰しました。

他にも世界大会などで結果を出したデッキはみんながマネをするので、大会直後は上位入賞者テーマのカードが高騰しやすい傾向がありますね。

 

これが“遊戯王は株”と言われている理由で、高騰するであろうカードをイチ早く察知して買い集めておけば儲かる・・・という訳です。

正直シングルカードの転売で稼ぐには、実際に遊戯王を遊んでいないと厳しいと思います。

Googleで【遊戯王 高騰】と検索すれば、高騰するカードの予想をしているサイトが多数ヒットするので、それらを参考にするのもアリでしょう。

禁止カード指定による高騰・暴落

基本的に大勢のユーザーが採用する強いカードが高騰しますが、ゲームバランスの調整でそのような強いカードは禁止カードに指定されることがあります。

禁止カードになると公式戦では使えなくなるため、当然ながらそのカードの価値は一気に暴落します。

 

逆にルール改定で禁止が解除されると、また価格が高騰します。

有名どころで言えば、「ハーピィの羽根箒」でしょう。

禁止カードに指定されているときは1枚150円程度でしたが、ルール改定で1枚だけ投入可能になったことにより1枚2000円近くまで高騰した例があります。

ほぼ全てのデッキに採用される必須カードとなったので、禁止解除を予想して150円のときに買い集めていた人達は大儲けできたでしょうね(笑)

とはいえ、禁止カードの解除予想は遊戯王を知らない人だと、判断が難しいというより不可能だと思うのでオススメはしません。

自分が実際に遊戯王をやっているか、遊戯王に詳しい知人が居るならやってみるのもアリでしょう。

高額カードの転売には知識が必須

実際、遊戯王の転売で稼ぐにはかなりの知識量が必要となります。

単純に覚えるべきカードの種類が多いのもありますが、同じカード名・同じイラストでも製造時期による型番違いでまた相場が変わるからです。

 

例えば、“青眼の白龍( ブルーアイズ・ホワイトドラゴン)”というカード。

この「青眼の白龍」は同イラスト・イラスト違い含め、現時点で計30種類以上もの型番が存在します。

ヤフオクで落札相場を調べると高額で落札されてますが・・・

これはSM-51の型番だからこそ17000円台で取引が成立したのです。

その辺のカードショップで200円の青眼の白龍を仕入れて、ヤフオクに出品しても200円でしか売れないので気をつけましょう。

かならず型番と相場を一致させた上で仕入れを行う必要があるため、「遊戯王を1ミリも知らないけど転売で稼ぎたい」という人にはハードルはやや高いかもしれませんね。




 

どこで仕入れをするか?

カードの仕入れ方法に関しては、それぞれの環境によって左右されるでしょう。

僕の場合、近所のカードショップの値付けが非常に甘いので、20〜30円のストレージの中から数百円のカードを発掘して、別のカードショップに転売する方法をメインとしています。

 

反対に値付けが正確なカードショップだと、店舗仕入れで利益を出すのは難しいです。

この場合は、フリマアプリなどで安く仕入れてカードショップで売る方法になるでしょう。

フリマアプリでは相場を知らない人や、不要なカードを早急に売りたいユーザーも多いため、定期的にチェックしていれば破格の値段で仕入れができます。

詳しくは以下の記事をご参考ください。

遊戯王の知識がなくても稼ぐ方法

プレゼント企画に応募する

さて、ここからは遊戯王を全く知らない人でも稼ぐ方法を紹介します。

Vジャンプなどの雑誌やTwitterなどで、限定カードのプレゼントキャンペーンが時々行われます。

それらの限定カードは、その企画でしか手に入らない貴重なカードというのもあり、かなりの高額で取引される傾向にあります。

 

例としては、2012年に1万名様限定で配布された「光の創造神ホルアクティ」は、現時点で16万円にまで高騰。

 

2019年の10000種類突破記念キャンペーンで配布された「女剣士カナン(20thシークレット)」は、現時点で70〜100万円の値段で取引されています。

確実に儲かる方法ではありませんが、運良く当選すれば爆益なんてレベルではありません(笑)

とりあえず宝くじ気分でキャンペーンに応募してみるのも悪くないでしょう。

サプライ品の転売

個人的にオススメなのがサプライ品の転売です。

サプライ品というのはプレイマットやスリーブなどの周辺グッズのことで、その中でも公式スリーブの転売は特にオススメですね。

公式スリーブの転売がオススメな理由

  • 仕入れ単価が安い
  • 高騰の予想が立てやすい
  • 保管場所に困らない
  • 発送が楽

基本的にサプライ品は再販がほとんどされずプレミア化しやすい傾向があるので、ある程度寝かせる前提であれば脳死で仕入れても利益を出せます。

仮に予想が外れても、定価で在庫を捌けば大した損害にもなりません。

 

高騰の予想が立てやすい点としては、今まで高騰しているスリーブにはわかりやすい法則があるからです。

それは美少女系の公式スリーブのほとんどがプレミア化していることです。

遊戯王ユーザー(というかTCGユーザー)は男性が多数を占めているのもあり、かわいい美少女スリーブは需要が高く、生産が終了してからもジワジワと値上がりを続けています。

マドルチェ【定価420円→3800円】

サイレントマジシャン【定価350円→1300円】

フレシアの蟲惑魔【定価350円→1700円】

※2018年12月時点の相場です。

僕自身も美少女系スリーブが、更に高騰することを期待して何個か寝かせています(ΦωΦ)

みなさんも余裕があれば長期投資をしてみてはいかがでしょうか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください