トレカ転売におけるオススメの仕入れ方法と注意点を解説する

どうも、チンパンジーまさるです。

 

今回はトレカ転売について解説していきます。

トレカとはトレーディングカードゲームの略称で、有名どこでいえば“遊戯王”“ポケモンカード”のような対戦型カードゲームのことです。

 

最初にぶっちゃけると、トレカ転売は他のジャンルと比べて商品1つ辺りの利益率が低めなので、ガッポリと稼ぐのは厳しいです。

「遊戯王の転売で月10万円稼いだ!」

という人もいるようですが、余程の相場感を身に着けないと厳しいのが現実です。

大抵の人は恐らくお小遣い稼ぎレベルが限界でしょう。

 

しかも多少のカード知識も必要となるので、トレカに興味のない人が参入するのは敷居が高いジャンルだと思います。

散々デメリットばかりお伝えしましたが、敷居が高いからこそ逆にトレカ転売をオススメしたいのです。

敷居が高いからこそライバルも少ないので、相場感さえ身につければ自分のスキルでお小遣いを稼ぎ続けることも可能です。

 

たとえ少額でも、スキルを使ったお金稼ぎ方法の有無で安定度に天と地の差がありますからね。

転売という不安定な副業をやる以上、何が起きてもいいように1つでも安定択を増やしておくべきです。

 

という訳で今回はトレカ転売での仕入れ方法と注意点について解説します。

前回、遊戯王転売についても解説しておりますので、トレカ転売についてより深く知りたい方はこちらもどうぞ。

スポンサーリンク

実店舗での仕入れ方法

トレカ転売はネット経由での仕入れよりも実店舗での仕入れがオススメです。

トレカ転売といえば、高額なレアカードを転売するイメージがありますが、実際は安価なノーマルカードを大量に取引して稼ぐのがメインとなります。

基本的に1000円以上のレアカードであればネットで買うほうが安いのですが、ノーマルカードは実店舗のカードショップで仕入れたほうが断然安いです。

 

理由としてはストレージBOXの存在です。

ストレージBOXとは、一律20円前後でノーマルカードが投げ売りされているコーナーのことです。

実はこのストレージBOXはお宝の山で、ネットで1枚200円近くで取引されているカードが普通に20円で投げ売りされています。

 

例えばこのカード、僕の近所のカードショップのストレージで1枚20円で投げ売りされています。

ストレージの単価と品揃えはどうしても店舗によって左右されますが、基本的にどの店もストレージは値付けはかなり甘めです。

ちょっと前ならポケモンカードのストレージの値付けがどの店もガバガバでしたね。

 

正直ストレージを漁るのは【時間がかかる、知識が必要、1枚辺りの利益が薄利】とあまり効率は良いとは言えませんが、面倒だからこそ誰もやらないので実はブルーオーシャンだったりします。

時間と相場の知識があるなら、確実にお小遣い程度にはなるので挑戦してみてはいかがでしょうか?

リサイクルショップは意外と穴場!?

カード専門店ではなく、トレカを取り扱っているリサイクルショップは意外と穴場です。

何が穴場かって、リサイクルショップのストレージBOXを漁っていると、ショーケースに並んでいる500円超えのカードが20円のストレージに混入していることが多々あるんですよ。

 

買い取ったカードを仕分けて店頭に並べているみたいですが、どうしても人間がやる作業なので仕分けミスが発生することがあります。

特にリサイクルショップだと店員のカード知識や店側の管理の差なのか、専門店と比べて仕分けミスの発生率がかなり高いと感じます。

 

これがカード専門店だと、レジで会計しようとしたら「ごめんなさい!これは仕分けミスです〜」って言われることがあるんですよ(笑)

ですが、リサイクルショップならレジ担当の人は基本的にカードの知識がない上、ストレージのカードはバーコードもないので仕分けミスであってもマニュアル通り1枚20円で会計してくれます。

 

他にも店舗にもよりますが、リサイクルショップは専門店と比べてレアカードなどの価格更新の対応が遅いです。

つまり、新パックの情報が発表された時などの値動きが激しい時期だと、リサイクルショップで買う→近所のカードショップで売る。

という錬金術のような手順で利益を出せることもあります。

ネットでの仕入れ方法

基本的にトレカをネットで仕入れるのは割増料金になってしまうのでオススメしません。

とはいえ、あえてネット仕入れをして利益を出す方法も一応あります。

 

1つ目の方法はヤフオクなどで出品されている引退品を狙うことです。

試しに【遊戯王 引退】と検索してみて下さい。

引退者が手持ちのカードをまとめて出品しているので、要はこの中のカードをバラ売りすることで利益を得るわけです。

しかし実際に届くまで何が入っているのかわからないので、爆益のときもあれば、むしろ赤字になるときもあります。

多少ギャンブル感がある上、大量の山の中から売れるカードだけを抽出するのはかなりの知識が必要となるのが難点ですね。

 

2つ目の方法は、引退者が出品しているシングルカードやデッキを仕入れることです。

「引退するしお金になればいいや」という人も多いので、かなり値付けが甘いカードやデッキがちらほら見つかります。

 

さらにメルカリ独自の文化である、値下げ交渉をすることでさらに安く仕入れることも可能ですよ。

仕入れの安定性はありませんが大量のカードを漁らなくていいので、この方法が一番効率的に稼げます。


パックを数年寝かせてみる

カードそのものを仕入れなくても、パックやサプライ品などを未開封のまま数年間保管して利益を得るという方法もあります。

こちらはデュエルマスターズ第一弾の未開封BOXですが、10年前までは当たり前のように買えた商品が現在ではとんでもない額で取引されています。

遊戯王だと少し前に20周年を迎えて記念商品が多数発売されていますが、もし今後も30年、40年と続くようであれば今回の20周年記念商品も高騰しているかもしれませんね。

 

カードゲームは歴史が長くなればなるほど、過去の生産終了した商品は希少となり、コレクターにとって堪らない一品となります。

すぐに稼げる方法ではないですが、余裕があれば投資としてパックなどの未開封商品を長期保有してみるのも悪くないでしょう。

コンディションに注意

どのトレカもコンディションが命です。

要はカードにキズや汚れがついているのはご法度なんですが、他のジャンルと比較してキズや汚れの基準がトレカはかなり厳しめと言えるでしょう。

 

例えばこの画像、カードの右上の一部が白くなっていませんか?

トレカではこんな僅かなキズでも状態が悪いと判断されます。

さすがに安価なノーマルカードならこの程度は大丈夫ですが、1枚1000円超えた辺りから完璧なコンディションを求められるので、たかが小キズと軽視してはいけません。

こんなキズもNG

  • 端っこの一部が白くなっている
  • 光に当てると薄いキズが見える
  • 裏面にキズがついている

「このくらいのキズなら大丈夫でしょ!」

って、安易な気持ちで小傷を申告せずにメルカリなどに出品するとトラブルになる可能性が非常に高いです。

価格が安かろうが高かろうが、些細なキズでも申告するのがトレカを販売する側のマナーです。

特に2万円以上するカードだと僅かなキズで数千円単位で価値が下がるため、買う方も死活問題だというのを理解しておいて下さい。

 

もし「理解できないなぁ」と思ったなら、面倒なトラブルにならないためにも安価なノーマルカードのみ取り扱うことをオススメします。

トレカに興味がない人からすると理解できないかもしれませんが、コレクターというのはそういうものです。




どこで売るのが一番か?

実店舗で売るかネットで売るかの2択になりますが、基本はネットで売ることをオススメします。

なぜならネットだと3枚セットで300円で売れるノーマルカードが、実店舗に持ち込んだら10枚で1円くらいのレートで買い叩かれてしまいます。

例えばこういうカード↓

レアカードもそうですが、カードショップで売ると相場より安く買い取られてしまうため、ネットのほうがオススメというよりネットで売らないとまず利益が出せません。

 

ネットでの販売経路はやはり以下の3つがオススメです。

おすすめのプラットフォーム

  • メルカリ
  • ヤフオク
  • Amazon

トレカ転売の基本戦術はノーマルカードの薄利多売がメインとなるので、なるべく多数のプラットフォームに出品して回転率を高めましょう。

 

発送は6枚程度なら郵便サービスの“ミニレター”が全国一律62円で送れるのオススメです。

ミニレターは専用の封筒が必要になりますが、郵便局の窓口で購入可能で封筒代と送料合わせて62円なのでかなりお得ですよ。

それ以上の枚数なら定形外郵便が一番安く送れると思います。






2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    当サイトはお金に関する情報を提供するライフハックならぬ【マネーハック】ブログです。 メルカリ・ヤフオクせどり、輸入転売などを中心としたネットビジネスの情報を初心者でもなるべくわかりやすく発信することを心がけます。 【無料だけど有料レベルの記事】をモットーに多くの人のお役に立てれば幸いです。