【中国輸入】タオバオ(淘宝網)とは?Aliexpress(アリエクスプレス)と比較してみた

どうも、チンパンジーまさるです。

 

今回は中国のECサイトである淘宝網(タオバオワン)通称“タオバオ”の紹介をしたいと思います。

タオバオは中国の有名企業であるアリババグループが運営するECサイトの1つで、昔から中国輸入転売の仕入先として有名なので名前だけは知っている人も多いのではないでしょうか?

サイト名である淘宝網(タオバオワン)とは、「見つからない宝物と売れない宝物はない」という意味らしく、出品されている商品数は8億点以上と言われており、日本のアマゾンとは比べ物にならないほどの巨大な通販サイトとして君臨しています。

 

タオバオは中国人にとって無くてはならない存在になっているようで、日本人がとりあえずアマゾンでポチるように、中国人はとりあえずタオバオでポチるらしいです。

最近ではタオバオのおかげで実店舗の閉店が相次いでいて問題になっているとかなんとか。

 

今回はそんなタオバオで個人輸入するメリットと注意点を解説してきます。

Aliexpress(アリエクスプレス)との違い

同じく中国輸入の代表格としてAliexpress(アリエクスプレス)が存在していますが、同じ商品でもタオバオのほうが断然安く購入ができます。

また、出品されている商品の数も桁違いなのでAliexpressにない商品も山ほど存在します。

【輸入転売の聖地】Aliexpress(アリエクスプレス)の使い方を徹底解説!

どちらも運営は同じアリババグループですが、Aliexpressは外国人をターゲットにした通販サイトなので多少価格が上乗せされていますが、タオバオは中国国内向けの通販サイトなので本当の中国価格で買い物が可能です。

 

以前まではタオバオで購入した商品を日本に送って貰うためには輸入代行会社(転送会社)を使う必要がありましたが、ついに日本のクレジットカードと海外発送に対応したので代行会社を使わずとも輸入が可能になりました。

 

注意点として、Aliexpressでは基本的に送料無料ですが、タオバオでは中国国内送料と国際送料の両方がかかるため、商品価格が安くても送料でAliexpressの価格を上回ることもあります。

同じ商品を複数購入するならタオバオのほうがお得になるといった感じですね。

Aliexpressとの違い

  • Aliexpressより商品価格が安い
  • 品揃えが豊富
  • 国内送料と国際送料がかかる

タオバオの注意点

タオバオのデメリットは中国人向けの通販サイトであるため、日本語はもちろん英語も通じません。

商品の検索から注文、価格交渉、トラブル時まで全て中国語を使う必要があります。

 

タオバオはヤフオクのように素人でも出品が可能らしく、購入者保護もAliexpressほど充実していないので、トラブル時は中国語ができないと泣き寝入りになる可能性が高いです。

 

代行会社を使わずとも日本に輸入自体は可能になりましたが、全ての商品が購入できる訳ではなく海外からの購入を制限している出品者もいます。

出品者が制限をしていなくても、タオバオ自体が海外発送に禁制品や個数制限などのルールを設けているため、それらに引っかかると発送して貰えないリスクもあります。

 

欲しい商品に購入制限がかかっていたり、発送リスクが不安なら次項で解説する代行会社の利用をおすすめします。

タオバオの注意点

  • 商品の検索から注文まで全て中国語必須
  • トラブル時も中国語でやりとり
  • 素人も出品している
  • Aliexpressほど購入者保護が充実していない
  • 日本に発送できない場合もある




 

不安ならタオバオ代行会社(転送会社)を利用しよう!

前項で述べた通り、タオバオでの個人輸入は敷居とリスクがやや高いため、ちょっと安い程度ならAliexpressを利用したほうが安全だと思います。

どうしてもタオバオで買う必要があるならタオバオ輸入代行サービスの利用をおすすめします。

代行手数料がかかってしまいますが税関で引っかからない限りは確実に輸入ができますし、トラブル時のやりとりも代行してしてくれるので安心です。

 

初めての代行サービスはチャイナマートがおすすめです。

チャイナマートはタオバオを日本語で買い物ができるようになるサイトで、実際に購入しなくても商品検索だけで楽しめます。

商品の検索から購入までチャイナマート内で完結するので、タオバオにアクセスしなくていいのが初心者にはありがたいですね。

他の転送会社だと先にタオバオで商品を探してURLを送るのが普通ですからね。

 

料金が他社より高めなのが欠点ですが、対応も早くサポートも充実しているので下手な代行会社に依頼するよりは確実です。

タオバオ輸入代行は星の数ほど存在していますが、値段だけで選ぶと対応が悪かったりするので多少高くともチャイナマートのような大手の代行会社をオススメします。




 

さいごに

今回はタオバオの基本的な部分について解説しました。

途中でもお伝えしたようにタオバオでは輸入代行会社を使ったほうが確実ですが、代行会社を使わずとも個人輸入は可能です。

近々タオバオでの個人輸入の解説記事を更新予定ですので、お楽しみにお待ちいただければ幸いです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトはお金に関する情報を提供するライフハックならぬ【マネーハック】ブログです。 メルカリ・ヤフオクせどり、輸入転売などを中心としたネットビジネスの情報を初心者でもなるべくわかりやすく発信することを心がけます。 【無料だけど有料レベルの記事】をモットーに多くの人のお役に立てれば幸いです。