タオバオで個人輸入に失敗した話

どうも、チンパンジーまさるです。

 

みなさん、タオバオ(淘宝網)は利用されていますか?

タオバオは中国現地向けのECサイトなので、上手く活用すれば海外向けのAliexpressよりお得に中国製品の個人輸入ができます。

タオバオから輸入するには代行会社や転送会社を通すのが基本。

一応、代行会社を使わずとも日本へ直送してくれますが、正直なところオススメはしません。

 

なぜなら以下の2点が原因で輸入に失敗するケースがあるからです。

  • 中国語必須
  • 禁制品リスク

そんな僕も以前、代行会社を使わずに個人輸入をしたら失敗してしまいました・・・

みなさんが同じ失敗をしないよう、今回はタオバオで個人輸入に失敗した例を紹介します。

スポンサーリンク

禁制品リスク

タオバオでは外国人購入者のための海外発送にも対応しており、その海外便のことを“4PX”と呼んでいます。

4PXの流れ

  1. 商品を購入
  2. セラーが商品をタオバオの物流倉庫に発送
  3. 物流倉庫に到着後、日本へ発送

いわゆるアマゾンFBAのような手順で、

【セラーがタオバオの物流倉庫に発送→タオバオの物流業者が日本に発送】という流れになっています。

 

ただ、4PXには禁制品という厳しい出荷制限が設けられています。

この制限に引っかかると、個人利用だろうが商用だろうが日本に発送して貰えません。

 

この禁制品の基準がイマイチ把握できていないので、とりあえずネットで情報を集めてみました。

現時点で判明している禁制品リスト

  • 食器、調理器具
  • 子供向けのおもちゃ
  • ビン類
  • CD,DVD,BD
  • 麻雀牌
  • アニメグッズ
  • キャラクター商品
  • ブランド品(本物・偽物問わず)
  • マイナーなアウトドアブランド
  • 木魚

僕の場合、マウンテンパーカーを5枚輸入しようとしたら禁制品認定されたので、恐らくマイナーなアウトドアブランドに該当したのでしょう。

他にも、コプスレグッズなども【アニメ・キャラクター商品】と見なされて禁制リストに引っかかるので要注意です。

禁制品認定されたら?

禁制品に引っかかった商品はタオバオの倉庫で保留となり、日本には発送して貰えません。

もしそうなった場合は【セラーに送り返す】か、【処分してもらう】のどちらかを選ぶ必要があります。

 

処分して貰えば取引は終了です。

もちろんお金は返ってきませんので、全額損することになります。

 

追加の送料を支払って、倉庫からセラーに商品を返送すれば返金ができますが、どうやら“中国の電話番号が必須”みたいで我々日本人は返金申請が不可能なようです。

僕は諦めて処分して貰ったので計6000円ほどの損失になりました・・・

 

よって現状では、禁制品に認定された時点で商品代金は戻ってこないと覚えておきましょう。

 

どうしても商品を無駄にしたくないなら、セラーに商品を返送後、チャットで交渉して転送会社の住所に再発送して貰うとかになりますね。

もちろん中国語での交渉が必須になりますし、それだったら最初から転送会社を使うべきです。

ケチらず代行会社を使うべし!

「代行会社を使うのは手数料がもったいない」

と思ってしまいますが、個人輸入に失敗してお金を失うよりはマシです。

 

先程もお話したように、代行会社を通さずに個人輸入するのはリスクがあまりにも高すぎます。

代行会社を使えばタオバオの禁制品であっても日本に輸入が可能なので、代行会社を通して輸入することを強くオススメします。

 

とはいえ、タオバオ代行は詐欺やトラブルが多いので、下手に料金が安いところよりも大手の代行会社を利用しましょう。

以下の会社は僕自身も利用したことがあるので安全だと言い切れます。

おすすめのタオバオ代行会社

  • チャイナマート
  • タオバオ新幹線
  • タオバオ便

当然ですが、代行会社を使っても偽物ブランドなどの違法な物は税関で没収されてしまいます。

ほとんどの代行会社は税関で没収されても保証はしてくれないので、ブランド物やグレーな商品は避けて輸入をしましょう。

▼関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください