輸入転売に英語スキルは必要ありません!誰でも稼げます!

 

どうも、チンパンジーまさるです。

 

世間では輸入という行為自体が「なんか難しそう」と思われているみたいなので、

「輸入で稼いでいる」と周りの人に話すと、「すごいな〜」「かっこいいな〜」という反応が返ってくるので、なかなかいい気分になれます(笑)

 

そんな周りの知人には黙っていますが、実はここ最近で個人輸入のハードルはかなり下がっています。

やろうと思えば誰でもできますし、なんだったらお金さえあれば小学生でも可能なレベルです。

 

よく輸入転売をするには英語が必須と思われていますが、実は英語ができなくても輸入転売で稼ぐことができるんです。

「英語ができないから・・・」という理由だけで輸入転売への参戦をためらっているのは非常にもったいないですよ!

 

今回は英語ができなくても輸入転売が可能な理由を解説したいと思います。

輸入転売に英語スキルは必要ない!

 

輸入転売に英語スキルなんて必要ありません。

なぜなら全部Google翻訳に任せれば問題ないからです。

 

なんて書いてあるかわからない、検索したいけど英単語がわからない。

これらの問題はGoogle翻訳などの翻訳サービスに打ち込むだけで全て解決します。

昔は翻訳サービスなんて使えたものではなかったのですが、ここ最近はAIの発達によってかなりの翻訳精度を誇っています。

 

業者にクレームや価格交渉をする程度ならGoogle翻訳を丸コピーした英文で問題なく通じます。

文法がやや怪しい部分もありますが、それで聞き返されたり理解されなかった事は一度もないですね。Google翻訳の丸コピー戦法は最強です。

長文を翻訳するとさすがに意味不明な英文になるので、長文の場合は要点を短く区切って翻訳して箇条書きで業者に伝えるという方法がおすすめです。

日本語で海外通販できるサイトもある

Aliexpress(アリエクスプレス)という海外通販サイトなら日本語で買い物ができます。

もはや英語を使わないのでGoogle翻訳すら必要ありません。

 

使い方等は過去の記事をご覧下さい。

【輸入転売の聖地】Aliexpress(アリエクスプレス)の使い方を徹底解説!

アプリ版Aliexpressを利用するだけで割引!?お得に個人輸入をしよう!

不良品が届いた時など業者とやりとりをする際はさすがに日本語が通じないので、英語を使う必要がありますがそれもGoogle翻訳丸コピーでOKです。

 

このサイトの存在を知っているだけで、周りから「個人輸入できるなんてかっこいいー!!」ってモテモテになれますよ(笑)




 

そもそも輸入で英語を使う機会がほとんどない

 

中国輸入転売をするなら、先程紹介したAliexpress1択でいいので日本語だけで仕入れができます。

 

米国や欧米輸入をするならebayや海外のAmazon(アマゾン)辺りになりますが、英語を使うのは商品検索のときに英単語を入力するくらいです。

単語といってもwatchとかpokemonとか商品のジャンルやブランドくらいですね。

 

トラブルがない限りはセラーとやり取りすることもありませんし、なにかあったとしてもGoogle翻訳を使えば解決します。

 

・・・そうなんです、英語を使う機会が商品を検索するときくらいしかないのです。

「あれ?輸入ってなんだっけ?」ってなりますね^^;

 

確かに英語ができれば英文をgoogle翻訳にかける時間を削減できますが、恩恵はそれだけです。

英語ができなくても、そもそも英語を使う機会がほとんどないのです。

英語力が理由で輸入転売への参戦をためらっていたのであれば、何の心配もありませんので参戦することをおすすめします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトはお金に関する情報を提供するライフハックならぬ【マネーハック】ブログです。 メルカリ・ヤフオクせどり、輸入転売などを中心としたネットビジネスの情報を初心者でもなるべくわかりやすく発信することを心がけます。 【無料だけど有料レベルの記事】をモットーに多くの人のお役に立てれば幸いです。