0円仕入れ転売に手を出してはいけない

どうも、チンパンジーまさるです。

 

みなさんは0円仕入れというものをご存知でしょうか?

その名の通り仕入れが0円で転売できるという商法です。

 

試しにGoogleで【0円 仕入れ】で検索してみましょう。

きっと、以下のこのような記事がたくさん出てくると思います。

  • 「0円で仕入れてお小遣い稼ぎ!」
  • 「まだお金を払って仕入れてるの?」

この0円仕入れ転売という手法は“0円”というだけあり、本当にタダで商品の仕入れは可能です。

 

その代わりにリスクがかなり高く、最悪訴えられる可能性があるためオススメはしません。
タダより高いものはないというお手本のような商法だと思っています。

 

今回は0円仕入れ転売の仕組みとリスクについて解説していきます。

スポンサーリンク

0円転売の仕組みとは?

0円転売の仕組み

①専用グループに参加

②Amazonの指定の商品を購入。

③その商品に★5のサクラレビューを書く

④paypalなどで商品代金を返金して貰う

⑤タダで貰った商品をメルカリなどで転売

0円転売の仕組みを簡単にまとめてみましたが、このように0円仕入れの実態はただのサクラレビューの代行です。

「レビューしてくれたらタダで商品をあげるよ!その商品をメルカリで売ってお小遣い稼ぎができるよ!」

という売り文句でSNSなどで募集がかけられています。

 

0円仕入れのグループはFacebookなどでよく募集しており「アマゾン レビュー」で検索すると出てきます。

 

ちなみに対象の商品はタオバオなどで仕入れた中国製品ばかり

やらせレビューを書くことを条件にこれらの中国製品が報酬として貰えますが、これらをメルカリで転売しても本当にお小遣いレベルにしかならないのが現実です。

なぜ無料で商品を配るのか?

タダで商品をバラ撒いているのは商品のレビュー稼ぎが目的です。

サクラを使ってレビューの数を稼ぐことによって、あたかもアマゾンでの売れ筋商品のように見せることを目的としています。

 

実はアマゾンで購入してもレビューを投稿してくれる人は結構少なく、だいたい20人に1人くらいしかレビューしてくれません。

 

まともに評価を集めようとすると半年近くかかってしまうので、お金を使う(商品をバラ撒く)ことで業者はレビューを稼いでいる訳です。

(しかも良い評価ばかり)

 

実際に購入する側にとっても、安いけどレビューが投稿されていない商品よりは、ちょっと高いけどレビューがたくさん投稿されている方が安心して購入できますよね?

 

たとえチープな見た目の商品でも、

「画像はチープですが実物は最高でした!」

と、サクラレビューを多数投稿させることによって見た目以上の価格で売ることも可能になりますからね。

 

とまあ、このような意図があって0円転売の募集がかけられている訳ですが、もしアマゾンにバレてしまったときが大変です。

レビューを募集したほうだけでなく、レビューを投稿したほうも大変なことになってしまいます・・・

なぜ0円転売をやるべきではないのか?

確かに0円でお小遣いを稼げるのは事実ですが、サクラレビューの投稿は立派な規約違反です。

規約違反どころか、共謀して印象操作を行うので犯罪スレスレの行為ですね。

 

過去に米アマゾンがサクラレビューを行っていた業者に対して、「アマゾンの信用を著しく低下させた」として損害賠償を請求した事例があります。

 

なんとこの時、アマゾンは業者だけでなくサクラレビューを投稿した個人にも責任を追求したのです。

 

つまりサクラレビューを投稿した人も罪に問われる可能性があります。

 

これはアメリカの話ですがアマゾンは元々アメリカの会社ですので、日本のアマゾンは大丈夫だとは言い切れませんからね。

過去に楽天もサクラレビューを行った業者に対して裁判を起こしており、EC業界にとってサクラというのは信用に関わる死活問題なのです。

 

ここまで事例があって、それでも自分は大丈夫だと言い切れますか?

0円転売に参加するということはそれだけのリスクを背負うということです。

お小遣い稼ぎのつもりが訴訟沙汰になった・・・なんて笑えませんよ。

 

仮に損害賠償とまではいかなくとも、サクラがバレたら間違いなくアマゾンのアカウントは凍結してしまうでしょうね。

アマゾンのアカウントは一度凍結すると再登録は基本的に不可能です。

 

一生アマゾンで買い物もできなくなるのが困るのであれば、0円転売に手を出すのは絶対にやめておきましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください