メルカリ・ヤフオク転売で月3万円を安定して稼ぐためのコツと注意点を解説する

 

どうも、チンパンジーまさるです。

 

最近リアルの知人達から「副業を始めたのはいいけど全然稼げない」とよく相談されます。

 

2016年のデータですが、ネットビジネスで3万円以上安定して稼いでいる人はたったの5%だそうです。

残りの95%は3万円を稼ぐことなく、「どうせ自分には向いてないんだ…」と退場してしまう人が多いみたいですね。

 

気持ちはよくわかりますが落ち込むことはありません。

 

最初はみんなそうなのですから。

僕ですら初めて月3万円を稼ぐのに半年近くかかっています。

それまで大赤字で借金負ったりなど悲惨でしたが、それでも諦めずにトライし続けた結果、コツを掴んで稼げるようになったのです。

 

転売を含めてネットビジネスは失敗しても根気よく続けた人間だけが成功する世界です。逆をいえば才能はほぼ関係ありません。毎日真剣にコツコツと向き合うだけでいいんです。

 

その中でも転売こそが1番てっとり早く稼げる副業だと僕は思っています。

ぶっちゃけコツさえ掴めればこんなに楽に収益化できる副業はなかなかありません。

アフィリエイトなんて毎日取り組んでも、ちゃんとした収益までに数ヶ月はかかりますからね。

ちなみにこのブログの収益はまだ0円です。

 

そんなことは置いといて、今回は初心者の登竜門である転売で3万円に到達できるようになるコツや注意点を解説していきます。

【メルカリせどり】メルカリで稼げるジャンルとは?売れる物と売れない物を考えてみよう

ライバルが多すぎないか?

取り扱う商品やジャンルによってはとんでもない数の出品者=ライバルが存在しますが、これらの激戦区の中に身を投じていませんか?

ライバルが100人いるのと、10人しかいないのとでは後者のほうが圧倒的に売れやすいです。

 

また、競争が激しいということは価格崩壊のスピードもとんでもなく早いです。

特に新品を取り扱っていると勝負できる材料が販売価格しかないので、誰かが値下げをすれば100人規模で値下げ合戦が始まり、すぐに利益は雀の涙になってしまいます。

 

そうなると3万円という目標は一気に遠ざかってしまいますね。

あまりに競争が激しいと思ったら、一度別のジャンルで攻めてみることをおすすめします。

 

メルカリだと仕入れ・販売価格ともに単価の安い、イヤホンやレディースアクセサリーなどのジャンルは競争がかなり激しいです。

時間と資金に余裕がないと競争にまず勝てないので、最初のうちはこれらのジャンルを避けるべきです。

薄利多売になってないか?

安くすれば売れる。なんて考えでは3万円達成の道のりは遠いでしょう。

最低利益の設定は重要で、僕は純利益1000円以上が絶対というマイルールを設定しています。

絶対に売れると確信していても純利益が500円しかないなら僕は仕入れません。

 

なぜなら時間がもったいないからです。

 

3万円達成のためには、利益が500円だと60品も売る必要がありますが、もし利益が1000円であればたった30品売るだけで達成できます。

30品ならヤフオクとメルカリで15品ずつ売れるだけで3万円達成です。

月60品だと「多いなぁ」と感じますが、月30品だと「それならいけそう」って感じがしません?

 

ちなみに月60品もの在庫を1人で捌くのは体力的にかなりしんどいです。とても仕事帰りにやるような副業とは言えません。

仮に60品売り切って3万円稼げたとしても「これでたった3万円かよ!」と達成感ではなく疲労感を感じるだけでしょう。

 

このことから、純利益500円のような薄利多売商法だと3万円という目標のハードルをただ上げるだけです。専業か外注でもしない限りはおすすめしません。

純利益1000円以上の商品をリサーチして3万円までのハードルを下げましょう。




 

もしかして楽して稼げると思っていない?

精神論になってしまいますが、転売でどれだけ稼げるかは日々の積み重ねが物をいいます。

世間ではネットで稼ぐ=楽して稼げるという風潮がありますが、それを真に受けてたら一生3万円すら稼げないでしょう。

 

転売で稼ぎたいなら日々の努力がとにかく大事です。ここでいう努力とは売れる商品のリサーチのことです。

空き時間にとにかく売れる商品のリサーチしましょう。

休憩時間にスマホでゲームをする暇があったらリサーチ、家でテレビを観る暇があったらリサーチ、休みの日はダラダラせずにリサーチ。

僕は転売を始めたての頃、休みの日は10時間はパソコンに張り付いてリサーチしていました。

リサーチにどれだけ時間を費やしたかで将来の稼ぎが変わってきますよ。

努力は裏切りません。

ジャンルにこだわらない

自分が好きなジャンルだけで稼ぐのは実際のところ厳しいです。

ファッションが趣味なら需要が高いのでファッションの転売だけでやっていけると思いますが、マニアックなジャンルだとそうはいきません。

あなたが好きであっても他の人も好きとは限りませんし、それが売れないのであれば当然稼ぐことはできません。

 

本気で3万円稼ぎたいのであれば、ときには自分が興味のないジャンルを勉強して開拓する努力も必要です。

自分の趣味はあくまでも手持ちのジャンルの1つという認識でいきましょう。

回転率を意識する

売れたら利益は高いけどなかなか売れない商品よりも、安いけどよく売れる商品を仕入れるべきです。

4000円の高利益だが月1回売れるかどうかの商品より、そこそこ売れて800円の利益の商品をどんどん回転させたほうが確実に稼げます。

薄利多売はよくないと述べましたが、売れないより断然マシです。

 

商法は人それぞれですが、月3万円達成するには回転率をある程度意識しないと厳しいです。

いまの商品の回転率が悪いと感じたら、一度商品もしくはジャンル自体を変えてみることをオススメします。

売れている人の真似をしてみる

正直な話、3万円を稼ぐのに一番の近道は人の真似をすることです。

そもそも何を売ればいい・何が売れるのかわからないという人こそ、メルカリやヤフオクで売れている出品者の真似をしてみましょう。

 

そして売れている出品者のマネこそが1番合理的なリサーチ方法だと僕は考えています。

他人の真似がおすすめな理由

・ほぼ確実に売れるのでリスクゼロ

・芋づる式に売れる商品を見つけれられる

・目利きや相場観を養える

 

他人の真似は気が引けると言う人もいるかもしれませんが、余程のセンスの持ち主でない限り自己流だけで稼ぐのは厳しいと思います。

 

初心者ならなおさらで、闇雲に自己流で商品を仕入れるよりは他人の真似をしてでも転売の基礎を学ぶべきです。

転売の基礎とは、“こういう商品が売れる”という目利きや、客層や相場観などのことで、これらを自然と養えるからです。

自己流で仕入れるのはこれらのスキルが身についてからでも遅くありません。

 

最初のうちはメルカリとヤフオクでベテランの出品者(評価300以上)を片っ端から探してみましょう。

ライバルが少なくて売れている商品をマネできれば3万円なんてあっという間に稼げますよ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトはお金に関する情報を提供するライフハックならぬ【マネーハック】ブログです。 メルカリ・ヤフオクせどり、輸入転売などを中心としたネットビジネスの情報を初心者でもなるべくわかりやすく発信することを心がけます。 【無料だけど有料レベルの記事】をモットーに多くの人のお役に立てれば幸いです。