Yahoo! Japanカードはお得なカードなのか?メリット・デメリットを解説する

どうも、チンパンジーまさるです。

 

今回は僕が数年間愛用しているクレジットカードの1つ、Yahoo! Japanカード”について紹介したいと思います。

Yahoo! Japanカードとは、ヤフーの子会社であるワイジェイカードが発行しているクレジットカードです。

そんなYahoo! Japanカードの特徴としては以下の5つ。

Yahoo! Japanカードの特徴

  • 使うとTポイントが貯まる(ポイント還元率1%)
  • 入会金、年会費無料
  • Yahoo!ショッピング、LOHACOで利用すると還元率3%に
  • PayPayの残高チャージに対応している唯一のクレジットカード
  • 入会特典で最大10,000円分のTポイントがもらえる

ざっくりまとめると、ヤフー関連のサービスとTポイントに特化したクレジットカードとなっています。

それらの特典について1つずつ解説していきますね。

スポンサーリンク

使うとTポイントが貯まる

貯まるポイントの種類はクレジットカードを選ぶ上で大事な要素です。

クレジットカード毎に貯まるポイントは異なりますが、せっかく貯まったポイントも使い道が少なくては勿体無いですよね?

 

Yahoo! Japanカードでは利用額に応じたTポイントが貯まります

Tポイントは様々なお店と提携しており、対応している店舗数は2018年時点で全国90万以上!

Tポイント提携店舗の一例

  • ファミリーマート
  • ドトールコーヒー
  • ガスト
  • TSUTAYA
  • ENEOS
  • 洋服の青山
  • 眼鏡市場

使用例としてはファミリーマートだと、貯まったポイントを1ポイント=1円として会計時に使用することができます。

 

実店舗以外にもYahoo!ショッピング、LOHACO等のネットショッピングにも対応。

さらには、Yahoo!公金支払いというサービスを利用すれば、自動車税や固定資産税などの一部税金もTポイントで支払うことだってできるんです。

このように、Tポイントは国内最大級の規模を持ったポイントの一つなので、まず使い道に困ることはないでしょう。

 

また、Yahoo! JapanカードはTポイントカードとしての役割も持っています。

つまり、Tポイント提携店舗でYahoo! Japanカードを使って決済することで、Tポイントの2重取りが可能です。

内訳(Yahoo Japanカードでの還元分+Tポイントカード分)

 

既に利用中のTポイントカードがあるなら、それら全てをYahoo! Japanカード1枚にまとめることもできるので、財布の中のカードが減るのも利点の一つですね。

ポイント還元率⇒1%

クレジットカードを選ぶ上でポイント還元率もかなり重要です。

Yahoo! Japanカードの場合だと100円につき1ポイントつまり1%の還元率になります。

 

もしかすると、「あれ?たったの1%?」と思われたかもしれません^^;

確かに還元率1%のクレジットカードなんて山ほどありますからね。

 

しかし前述したように、Tポイント提携店舗でYahoo! Japanカードを使用することで実質1.5%の還元率。

それだけでなく、ヤフー関連のサービスで使用することで更に還元率が高くなります。

【ヤフー関連のサービスを利用する】

【Tポイント提携店舗を頻繁に利用する】

上記のいずれかに当てはまる人なら、Yahoo! Japanカードは他のクレジットカードよりも還元率が上回るので、間違いなくオトクなカードになります。

 

ちなみに、通常のTポイントカードは200円につき1ポイントで還元率は0.5%と実はなかなかポイントが貯まりにくいという欠点があります。

それに対し、使用するだけで1%の還元率のYahoo! Japanカードは、最もTポイントが貯まりやすいカードとなっていますよ。

Yahoo!ショッピング、LOHACO利用で還元率3%に!

通常は1%の還元率のYahoo! Japanカードですが、Yahoo!ショッピングとLOHACOで買い物をする際は常時3%の還元率となります。

内訳(通常ポイント2%+期間固定ポイント1%)

 

一昔前までは、「ヤフーショッピングの商品は高い」と言われていましたが・・・

現在のヤフーショッピングはキャッシュバックが非常に充実しているため、結果的にAmazonなどより安く買えることが多いです。

 

普段からYahoo!ショッピングやLOHACOで買い物をしているのであれば、Yahoo! Japanカードで決済するだけでポイントがザクザク貯まっていくため、これを活用しないのは非常にもったいないです。

 

ちなみにYahoo!ショッピングやLOHACOなどのヤフー関連のサービスは、Yahoo! プレミアム会員になることに更にお得に買い物ができますよ。

Yahoo! プレミアム会員になることで常時ポイントがプラス4%されたりなど、Yahoo! Japanカードと併用することで更にTポイントの還元率を上げることが可能です。

詳しくは以下の記事をご覧下さい。

入会金、年会費無料

Yahoo! Japanカードは入会金、年会費ともに無料です。

入会したからには使わないともったいないですが、使わなくても損をすることもありません。

 

仮に他のクレジットカードに乗り換えた場合でも、Yahoo! JapanカードならTポイントカードとしても使用できるので、クレジット機能以外の使い道があるのはなかなか便利だと思いますね。

PayPayの残高チャージに対応する唯一のクレジットカード

いま話題のスマホ決済サービスであるPayPay(ペイペイ)。

 

PayPayでの支払い方法は【残高で支払いクレジットカードで支払い】の2つがありますが・・・

現時点ではクレジットカードよりも残高で支払いをしたほうがお得になります。

PayPayは残高で支払いがお得

  • キャッシュバック率が最大の20%(その他のクレジットカード払いでは10%)
  • やたら当たるくじ(10回に1回の確率でキャッシュバック)の対象になる

(※キャンペーン内容は第2弾100億円キャンペーンのものとなります)

で、肝心のPayPayの残高チャージに対応しているクレジットカードは、現時点でYahoo! Japanカードのみなっています。

他のクレジットカードでは支払いはできますが、残高のチャージはできません。

 

なお、残高チャージ時にもYahoo! Japanカードの1%のポイント還元は適応されます。

【Yahoo! Japanカードで残高をチャージ→PayPay決済】

この手順でポイントの2重取りだけでなく、キャッシュバック率が最大となるため、非常にお得な買い物ができますよ。

PayPayをフル活用するのであれば、Yahoo! Japanカードは間違いなく欠かせない存在でしょう。

 

ちなみにYahoo! Japanカードは、キャッシュレス決済の1つであるApple Pay(アップルペイ)の対応カードでもあります。

Apple Payもかなり便利な決済手段なので、iPhoneユーザーは是非体験してみることをオススメします。

詳しくは以下の記事をご覧下さい。




 

入会特典で最大10,000円分のポイントがもらえる!

Yahoo! Japanカードに入会すると、現時点で最大10,000円分の期間固定Tポイントがもらえます。

最大でと言っても条件は簡単で、まず入会時に4,000円分のポイントが贈呈。

その後1回のお買い物につき2,000ポイント贈呈、それが3回まで貰える為、6,000ポイントとなり、入会時の4000ポイントと合わせて10,000円分の特典となります。

 

注意点として、申込月を含む2ヶ月目の末日まで(3月中に入会だと5月末まで)に買い物をしないと、6000ポイント分の特典は無効となってしまうので気をつけましょう。

Yahoo! JAPANカード 発行プロモーション

Yahoo! Japanカードを使う際の注意点

お得な特典が多いYahoo! Japanカードですが、注意点が3点ほどあります。

  • 期間固定ポイント
  • ETC年会費が有料
  • nanacoチャージ時は還元率が下がる

まず1つ目は、期間固定Tポイントについてです。

入会特典のポイントや、Yahoo!ショッピング、LOHACOで買い物する際に貰える特典のポイントのほとんどが、Yahoo! Japan関連のサービスでのみ使える期間固定Tポイントになります。

期間固定Tポイントの使いみちの一例

  • ヤフオク!
  • ヤフーショッピング
  • LOHACO
  • GyaO!ストア
  • Yahoo!公金支払い(税金の支払い)

当然、期間固定というだけあって有効期限が存在します。

ポイントによって期間が異なりますが、1か月以上使えるものもあれば、2週間前後で消えてしまうこともあります。

 

これだけ書くと不便に感じますが、

Yahoo!ショッピングとLOHACOで売っていないものはほとんどない、と言っていいほど品揃えも豊富です。

前述したYahoo!公金支払いで税金の支払いにも使うことができるので、消えてしまうことを頭においておけば、僕はそれほどデメリットと感じたことはありませんね。

 

2つ目の注意点ですが、ETC機能つける場合だと年会費500円(税抜)が発生することです。

カードによってはETC年会費が無料になる特典がある以上、これは明確なデメリットとも言えますね。

なので、ETC機能だけを目的にYahoo!Japanカードを発行するのはあまりオススメはしません。

ETC機能を付けなければ年会費は無料なのでご安心下さい。

 

3つ目の注意点ですが、セブンイレブンで使う電子マネーnanaco(ナナコ)”にチャージする際は、還元率が0.5%に下がってしまいます。

とはいえ還元率が0%ではない分、現金でチャージするよりはお得なので大して気にならないでしょう。

どんな人にオススメか?

“Yahoo! Japanカード”はこんな人にオススメです。

  • Tポイントを貯めたい
  • TSUTAYAなどのTポイント加盟店をよく利用する
  • PayPay決済をよく利用する
  • ヤフーショッピング・LOHACOでよく買い物をする
  • 審査に通るか自信がない

上記のいずれか1つでも当てはまるなら、Yahoo! Japanカードは作っておいて間違いなく損はないと思います。

特にヤフー関連のサービスとPayPayをよく利用する人は、還元率が他のクレカよりも上回るため確実にオトクだと断言できますよ。

 

逆に1つも当てはまらない人は、Yahoo! Japanカードを使用するメリットがほぼないのでオススメはしません。

 

ちなみに、Yahoo! Japanカードの審査基準はかなり緩いと評判で、無職や学生・ブラックでもない限りは通るとまで言われています。

他のクレジットと比べて非常に作りやすいカードとなっているので、是非皆さんもYahoo! Japanカードを体験してみて下さい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトはお金に関する情報を提供するライフハックならぬ【マネーハック】ブログです。 メルカリ・ヤフオクせどり、輸入転売などを中心としたネットビジネスの情報を初心者でもなるべくわかりやすく発信することを心がけます。 【無料だけど有料レベルの記事】をモットーに多くの人のお役に立てれば幸いです。