お金がなくても始められる!おすすめの副業を6つ紹介する

どうも、チンパンジーまさるです。

 

ここ最近日本で、毎日フルタイムで働いても働いても「税金と生活費で精一杯!」という人の割合が増えてきています。

原因としては上がらない給料、増える税金、値上がり、ボーナスカットなどなど挙げればキリがないでしょう。

「生活はできるけど貯金する余裕がない」

「このままでは将来が不安」

もしそのような状態から抜け出したいのであれば、今のうちに本業以外の副収入をつくることをオススメします。

仕事終わりや休日にアルバイトや内職で稼ぐのが定番ですが、体力・時間的な問題や家庭の事情などで厳しい人も多いのではないでしょうか?

 

ですが、基本的にアルバイトなどの労働収入以外で副収入を得ようと思うと、これらが問題となってきます。

  • ある程度の元手が必要
  • お金を失うリスクがある

株やFXなどの投資がいい例で、やるのであれば最低でも30万円くらいは欲しいところですし、予想を外せば更にお金が減ってしまうリスクも孕んでいます。

 

「お金がないから稼ぎたいのにお金が必要ってなんなの??」

世知辛い世の中だと絶望した人も少なくないでしょうが、実は元手がほとんどなくともインターネットでお金を稼ぐ方法は存在します。

今回はそれらの方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ブログ運営

ブログの運営とアフィリエイトは本当にオススメです。

本格的にワードプレスで始めても初期投資は1万円程度、はてなブログを利用すれば初期投資8000円程度で始められます。

 

ブログの良い点は、消費を投資に変換できる部分でしょう。

例えば、ゲームを買ってプレイして普通なら「楽しかった」で終わるところが、そのゲームのレビュー記事をブログに投稿すればお金になりますからね。

 

なによりブログ・アフィリエイトの収益は青天井(無制限)なところが魅力です。

1年ほど継続していると、読者やGoogleなどの検索エンジンから認められ、記事を書けば書くほど目に見えて収益が伸びるようになります。

その状態になれば更新をやめても毎日収益が発生する、いわゆる不労所得になってくれるのがブログとアフィリエイトの最大のメリットと言えるでしょう。

月辺りの維持費もサーバー代などの1000円程度なので、収益が出てない期間でもそこまで家計を圧迫しないと思います。

 

ただ、収益化までに時間がかかるのは覚悟しておきましょう。

特にブログを始めたての頃は、頑張って記事を更新したのに全然アクセスが集まらず収益も発生しないので、モチベが下がって脱落する人が非常に多いのが現実です。

“ブログで稼げるようになるには3ヶ月以上かかる”という認識を持って取り組むことをオススメします。


ブログ飯 個性を収入に変える生き方

クラウドソーシングで稼ぐ

クラウドワークスなどのクラウドソーシングサービスを利用することで、元手ゼロでもお金を稼ぐことができます。

クラウドソーシングとは簡単にいうとネットを介した業務委託のことです。

 

クラウドソーシングの魅力はパソコンさえあればどこでも仕事ができる点でしょう。

指定された納期さえ守ればどこで作業しようが自由なので、ライフスタイルに合わせた稼ぎ方ができます。

 

初心者にオススメなのはタスク形式でのライティング案件。

タスク形式の案件は報酬が低めですが塵も積もればなんとやら。

「先週公開された◯◯の映画を観た人!1時間以内に500文字以上の感想を書いて下さい!」

といったような自分でもできそうな案件を探して、「じゃあ僕やります」とサクッと応募してサクッと書けるので気が楽です。

30分程度で終わる案件も多数募集されているので、スキマ時間を利用してクラウドソーシングで稼いでみてはいかがでしょうか?


ココナラで稼ぐ

ココナラは自分のスキルを出品してお金が稼げるユニークなサイトです。

例えば、絵が上手い人なら「500円であなたのtwitterのアイコンを描きます」、聞き手上手なら「電話で愚痴を聞きます」

といったように、ココナラでは自分が得意なことを代行してお金が稼げます。

 

同じくスキルを売買する、クラウドソーシングサービスは企業対個人(B to C)が基本に対し、ココナラは個人対個人(C to C)が基本です。

なのでクラウドソーシングの相場よりも安めにしないと依頼がきませんが、その代わりココナラではクォリティはそこまで要求されません。

お客さんも興味本位で利用する人ばかりなので、他人よりちょっとだけ得意なくらいでも気軽に出品しやすい雰囲気ですよ。

 

他にもスキルだけでなく土地柄やアイデアを活かした稼ぎ方も可能で、

有名な神社へのお参り代行します、海外から荷物を転送します、恋人代行します。

といったユニークな稼ぎ方もココナラでしかできない稼ぎ方と言えるでしょう。



YouTubeで稼ぐ

動画編集が可能なレベルのパソコンかスマホを持っているなら、YouTubeで稼ぐ選択肢もアリ。

顔出しするのが怖いという人もいるでしょうが、別に顔出しなくても文章系や実況動画、最近だと無料アプリを使ってVtuberとしてデビューする手もあります。

これらの方法なら家族や友人にバレてしまう“身バレ”はまず発生しません。

 

「顔出ししないと稼げないんじゃないの?」

と思われがちですが、顔出しせずに文章中心の解説動画でも月に30万円以上稼いでいる人も多数存在しています。

 

YouTubeも投稿した動画が資産として働いてくれるため、ブログと同様に軌道に乗れば不労所得になりますし、ブログと違って維持費もかからないので元手ゼロで稼ぐことが可能です。

強いて挙げるなら、投稿する動画によっては撮影機材を揃える必要がでてくるので、その際は多少の初期投資が必要になるかもしれません。

元手を用意して転売が手っ取り早い

個人的に一番オススメしたいのは転売で稼ぐことです。

元手ゼロでは始められませんが、5万円ほど元手があるなら副業の中でも転売が一番稼ぎやすいと思います。

転売がおすすめな理由

  • ライティングより単価がよい
  • ブログ運営と違ってすぐに稼げる

転売と聞くと悪いイメージを持っている人も多いでしょうが、別に犯罪ではないので安心して下さい。

(チケットの転売など物によっては違法ですが)

 

有名な方法としては品薄の商品を買い占めて転売する方法ですが、その転売方法は本来その商品を必要としている一般人から恨まれますし、なにより効率が悪いのでオススメはしません。

僕がオススメする手法は輸入転売です。

輸入転売とは、海外から商品を輸入してヤフオクやメルカリに出品して稼ぐ手法です。

品薄商品の転売と違って、一般人から恨まれることがないので堂々と転売できるのがメリットですね。

海外の珍しい商品を提供しているのもあり、むしろ購入者から感謝されることもあります(笑)

 

輸入転売の最大のメリットとして、商品1つ辺りの利益がかなり高めなとこです。

商品によっては1つ売れるだけで3000円くらいの利益が出せるので、そのような商品を月に10個販売すれば3万円の余裕を作ることができます。

 

「転売で稼ぎたいけど5万円なんて余裕ないよ!」

という人は、休日にバイトするなりしてどうにか資金を用意してみることをオススメします。

間違っても消費者金融で5万円を借りて転売デビューなんて考えてはいけませんよ。

仕事を掛け持ちする

ぶっちゃけこれが一番確実。

ネットの怪しげな儲け話に乗るくらいなら真面目にアルバイトしたほうが絶対にいいです。

赤字になることもないし、働いた時間に応じたお金が確実に得られますからね。

ただ、労働収入に依存するのもあまり良くないです。

労働収入を増やせば金欠は一時的に解決されるでしょうが、根本的な解決にはならないと思います。

若いうちは仕事を掛け持ちして平気でも、歳を重ねるごとに段々と体力的・求人的の両方でキツくなります。

なにより一番マズイのが、時間に余裕がなくなりがちでスキルアップを図りにくくなること。

そうなるとスキル不足で今よりいい給料の会社に転職できず、延々と生活のために掛け持ちで働き続けなくてはなりません。

 

そもそも、多くの金欠の根本部分は本業の給料の低さが問題である場合がほとんどです。

解決方法としては、毎月の固定費をどうにか削減して掛け持ちで働く時間を減らし、そのスキマ時間で資格勉強などのスキルアップを図り転職するのが一番です。

もしくは先に紹介したような、ブログ運営などの不労所得の仕組み作りを同時並行で進めることをオススメします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください