それ時代遅れだよ??今からやるべきではない転売ノウハウを5つ紹介する

どうも、チンパンジーまさるです。

 

転売デビューしたての初心者だと、「転売 稼ぎ方」などのワードでGoogle検索をして、まずをノウハウを学ぶ人も多いのではないでしょうか?

ただ気をつけて欲しいのは、全ての転売ブログが真実を語っている訳ではないこと。

 

こういっては何ですが、転売ブロガーって胡散臭い人が多いんですよね。

5年くらい前の手法を平然と「今でも稼げる!」とか発信してるブログはゴロゴロ存在しますからね。

 

そういったブログの情報を鵜呑みにすると、金銭面だけでなく時間的にも大損をしてしまうことでしょう。

今回は、初心者がやるべきではない時代遅れの転売方法の例を紹介します。

スポンサーリンク

品薄商品の転売

品薄商品の転売はオススメしません。

例を挙げると、2018年のポケモンカードのような品薄になっている商品を転売目的で購入し、メルカリなどで高額で販売する方法ですね。

 

品薄になるくらいなので需要は凄まじく、仕入れさえできれば在庫の回転率もかなり良い、赤字になるリスクもほぼ無いなど、一見初心者にオススメのように感じますが・・・

品薄商品の転売って、デメリットのほうが多いのであまりやらないほうがいいんですよね。

品薄転売のここが問題

  • 仕入れが不安定
  • 利益率が低い
  • 長続きしない
  • 一般層から反感を買いやすい

特に仕入れが不安定すぎるのが問題。

当たり前ですが、品薄の商品を仕入れるのは一筋縄ではいきません。

品薄が原因で高騰しているのに、その品薄商品を安定して仕入れなんてできる訳がないんですよね。

品薄の商品を仕入れる方法

  • 開店する2時間以上も前からお店に並ぶ
  • 取り扱っている店を何店舗もハシゴする
  • ネットショップで再入荷がないかパソコンに張り付いて監視する

しかも、どの店もお1人様1つまでの個数制限があるため大きく稼ぐことも難しい。

最近だと、開店2時間前から並んでも結局くじ引きでの抽選で購入者を決めたりなど、露骨な転売ヤー対策も目立つようにもなりました。

 

で、ここまで苦労して得られる利益は1個あたり1000円程度ですからね。

1000円のために2時間も並べますか?

バイトでもしたほうが絶対にマシですよ。

 

品薄転売のデメリットは以下の記事に詳しくまとめていますので是非ご参考下さい。

薄利多売商法

薄利多売商法もオススメしません。

1つあたりの利益が低すぎるせいで、3万円稼ぐにも相当な数を売らないといけないからです。

例えば、利益が1個300円だとすると、3万円稼ぐには月に100個も売らなくてはなりません。

 

売るだけならまだしも、梱包、発送、問い合わせ対応もありますからね。

変なクレーマーに絡まれる可能性だってあるのに、それで1件300円ってぶっちゃけ割に合いませんよ。

 

僕のマイルールとしては、利益1000円以下の商品は絶対に取り扱わないようにしています。

利益1000円なら100個売れば10万円ですからね。

このように利益率の設定次第で同じ個数、同じ作業をしても7万円もの差が出てしまいます。

ぶっちゃけ転売は労働収入なので、時間あたりの効率を追求しない限りはお小遣いレベルから抜け出せないでしょう。

クレジットカード仕入れ

「転売はクレジットカードでの仕入れがオススメ!」

クレカで商品を仕入れることでポイントが貯まるメリットがあるので、現金での仕入れよりお得なのは間違いありません。

 

「資金がない人でもクレジットカードで仕入れをすれば大丈夫!」

これに関しては異を唱えたい。

資金のない人はクレカでの仕入れはやめたほうがいいです。

 

資金がない状態でクレカのショッピング枠を使って仕入れた場合、当然ですがクレカの支払日までに仕入れに使った資金を回収しなくてはなりません。

特に初心者だと、仕入れの時点で商品の回転率を把握するのが難しく、資金の回収が間に合わなくなる可能性はかなり高いでしょう。

 

もし資金の回収が間に合わなければ当然、自腹を切ってクレカの支払いをしなくてはなりません。

貯金があるのなら問題ないですが、もしお金がなくて自腹が切れない場合は?

ア○ムなどの消費者金融で借り入れをしてでも支払わなくてはなりません。

クレカの支払いを延滞すると信用情報にキズがついてしまうため仕方のないことです。

 

現実として、こうなる人はかなり多いんですよ。

「転売に失敗して借金を抱えた」

という人の大半は無計画なクレカ仕入れが原因です。

 

僕も初心者時代にそうなった苦い経験があります。

何も考えずにクレカで一気に仕入れたものの、資金の回収が間に合わず、消費者金融で借金してまでクレカの支払いに充てていたツライ時期がありました・・・

 

資金がないからとクレカを頼りに仕入れると、失敗したときに痛い目を見ることになります。

「クレカで仕入れるな」とはいいませんが、資金の回収に失敗しても問題ないくらいの余裕ができてからクレカで仕入れることをオススメします。




 

0円仕入れ転売

「仕入れコストゼロで稼げる!」

という0円仕入れ転売と呼ばれる商法が流行っているみたいですが・・・

 

0円転売はリスクもかなり高い上に、1件辺りの利益も薄利。

“タダより高いものはない”というお手本のような商法なので、絶対に手を出すべきではありません。

詳しくは以下の記事をご参考下さい。

実店舗仕入れ

実店舗での仕入れは時間の無駄なのでやめたほうがいいです。

「ブックオフせどりで月10万円!」

「ドンキホーテせどりは儲かる!」

今だにこんなことを言っている人がいるなら、5年くらい前から時が止まっている人かもしれません。

 

冗談はさておき、

別に全くお金が稼げない訳じゃないですよ?

実店舗仕入れでも極めればお小遣い程度にはなるとは思います。

 

ただ、スマホ片手に何時間も店内を隅々まで漁るのって、2019年にもなってやるような事じゃないと思うんですよね。

実店舗仕入れはやめておけ

  • 仕入れの効率が悪い
  • 仕入れが不安定
  • 利益が薄利
  • 周りから白い目で見られる

たまにブックオフやビッグカメラで仕入れ中の人を見かけるのですが、その光景は控えめに言ってヤバイの一言。

店員でもないのにスマホでバーコードを読み込んだり、血走った目で商品とスマホを交互に確認したりなど、一般人から見たら完全に不審者ですからね。

周りから白い目で見られながら仕入れた商品の利益なんて1個300円程度。

 

もちろん仕入れができるかどうかも運次第。

せっかく店舗まで赴いたのに、利益の出せる商品が見つからなかったら無駄足にだってなるわけです。

 

仮に仕入れができても、【家電、本、CD、ゲームソフト】これらのジャンルって回転率が非常に悪いんですよ。

仕入れに時間がかかる。売れるまでにも時間がかかる。しかも薄利。

実店舗での仕入れは、もはや非効率の極みとも言える転売方法なので手を出さないことをオススメします。

 

2019年はネット仕入れで稼ぎましょう。

スマホで通販サイトの商品をポチポチするだけで仕入れができます。

わざわざ現地に行かなくていい、リサーチも楽チン、利益率の高い商品がゴロゴロあるなど実店舗仕入れをするのが馬鹿らしくなりますよ。


月30万以上を確実に稼ぐ! メルカリで中国輸入→転売実践講座



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトはお金に関する情報を提供するライフハックならぬ【マネーハック】ブログです。 メルカリ・ヤフオクせどり、輸入転売などを中心としたネットビジネスの情報を初心者でもなるべくわかりやすく発信することを心がけます。 【無料だけど有料レベルの記事】をモットーに多くの人のお役に立てれば幸いです。