無理してまでブログを毎日更新しないほうがいい理由

どうも、チンパンジーまさるです。

 

みなさんのブログの更新ペースはどのくらいでしょうか?

有名なブロガー達のほとんどが「毎日ブログを更新しろ!」って発信しているので、参考にして毎日更新をされている方も多いかと思います。

 

でも、それって本当に効果があるのでしょうか??

 

先に結論から言わせてもらうと、無理してまで毎日更新しないほうがいいです。

余裕があるなら毎日更新するべきだと思いますが、無理して記事を書いても逆効果になりかねません。

 

ブログで稼ぎたいなら記事の数より記事の質の方が重要になってきます。

今回は毎日更新にこだわるべきでない理由を解説していきます。

サイトの質を落としかねない

そもそも、みなさんがブログを始めた理由はなんでしょうか?

有名になりたいとか、困っている人を助けたいとか理由は人それぞれでしょう。

 

ですが、大半の人に共通しているのはブログでの収益目当てだと思います。

 

当たり前ですが、ブログは書いただけでは収入にならないので広告を設置してクリックされなくてはなりません。

そのため書いた記事をなるべく大勢の人に読んで貰う必要があります。

 

じゃあ、大勢に読んで貰える記事ってどんな記事でしょうか?

 

答えは困っている人に向けて発信をすることです。

誰かの役に立つ記事を書くことで大勢の人に読んで貰えるようになります。

 

例えば、この記事のように「本当に毎日ブログを更新しないといけないの?」と疑問を抱えている人に向けて発信する感じです。

第三者から見て有益な記事を書き続けることでGoogleからの評価が上がり、他の記事も検索エンジンで上位表示されやすくなります。

良質な記事を書き続けることでアクセス数と収入UPが期待できるのです。

 

よく「毎日更新すればアクセス数が伸びる」と言われていますが、がむしゃらに毎日更新するのはむしろ逆効果です。

 

質の低い記事を書き続けると、Googleから価値のないコンテンツを量産しているサイトと認定されてブログ自体の評価を落とす原因になります。

そうなると良質な記事のアクセス数まで落ち込み、収益も伸び悩むことでしょう。

 

ここでいう価値のないコンテンツとは、

【僕が将来やりたいこと】

といった「誰がそんなキーワードで検索するの?」誰がそんな内容を読みたがるの?」というような記事のことです。

 

ブログで稼ぐということは読者を集めて、さらに読者の役に立つことで初めて成立します。

毎日更新することに固執して1人よがりの記事を書いても逆効果ですので、それならいっそ何も書かないほうがマシです。

審査に落ちる原因になる

無理に毎日更新して記事の質を下げるとグーグルアドセンスの審査などにも影響が出てきます。

 

よくTwitterで「30記事も書いたのにアドセンスの審査に落ちた〜」

という人を見かけますが、ここでも数合わせで書いた価値のない記事が原因ではないのでしょうか?

 

30記事中の20は良質な記事だと仮定しましょう。

しかし残り10が価値のない記事だと、それらが原因でGoogleに価値のないサイトと判断されてアドセンスの審査に落ちる恐れがあります。

もちろんアドセンスだけでなくAmazonアソシエイトの審査なども同様です。

 

こうなると審査を通すためには、原因となっている記事を消すかリライトしなくてはなりません。

「何のために書いたの??」ってなりますよね^^;

 

100の価値のない記事を量産するより、1の良質な記事を生み出すべきです。

働いているなら無理しないほうがいい

ブログを1記事書くのって結構な時間がかかりますよね?

個人差はあるでしょうが、2000文字くらいなら大体2〜5時間くらいかかると思います。

 

「仕事があるからブログを毎日更新できない」

という人も結構多いのではないでしょうか?

 

普通に考えて仕事終わりに2〜5時間かけて更新するのは正直キツイです。

定時退社できる日ならまだしも、残業後に記事を書くなんて時間的にも体力的にも無理ゲーですね。

根性のある人はできるのでしょうが、少なくとも僕には無理でした。

 

「やべぇ!寝るまであと2時間しかないからさっさとブログ更新しなきゃ!」

焦って書いてもいいアイデアなんて浮かびませんし、価値のない記事が出来上がるだけです。

 

あと「ブログ毎日更新しろ!」って発言している多くはブログが本業の人達です。

ブログが本業なら朝から晩までブログと向き合えますが、学生やリーマンだと夜の限られた時間しかブログと向き合うことはできません。

 

彼らも悪気はないんでしょうが、そもそもの土俵が違うので無理してまで毎日更新ルールを適用する必要はないと思います。




 

2〜3日に1記事でも大丈夫

このように無理して毎日更新するのは、記事の質だけでなくサイトの質を落とすことにも繋がります。

クオリティを維持できるなら毎日更新するべきですが、そうでないなら2〜3日かけて1記事作り上げるべきです。

 

もちろん記事数を増やすこともブログで稼ぐ上で重要ですが、それよりも記事の質の方が大切です。

書いた記事が誰かに読まれ、誰かの役に立たないかぎりお金にはならないですからね。

 

誰かの役に立たない毎日更新を続けたところでただの自己満足に終わってしまうことでしょう。




 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトはお金に関する情報を提供するライフハックならぬ【マネーハック】ブログです。 メルカリ・ヤフオクせどり、輸入転売などを中心としたネットビジネスの情報を初心者でもなるべくわかりやすく発信することを心がけます。 【無料だけど有料レベルの記事】をモットーに多くの人のお役に立てれば幸いです。