メルカリで「いいね!」されるのになかなか売れない時の対処法

どうも、チンパンジーまさるです。

 

メルカリで出品をして“いいね!”がたくさん付くのに全然売れない・・・

そんな経験はないでしょうか?

 

その状態が長いこと続くと「いいねするくらいなら買えよ!」

ってだんだんイライラしてくると思います^^;

 

そのような状態から抜けだすには、

  • ユーザー達はなぜいいねをするのか?
  • なぜいいねをしたのに買わないのか?

 

この2つを理解する必要があります。

どういうときに“いいね”が押されるのか?

メルカリの“いいね!”はいわゆるブックマーク機能です。

 

気になった商品にいいねをしておけば、

あとからいいね一覧からその商品にショートカットできるようになります。

 

要は即決はしないが、いつでも買えるようにキープするために“いいね!”をしているのです。

 

だからといって、放置していればいつかは売れる!

という訳ではないんですよね・・・

 

即決をせずに保留するということは購入を躊躇(ちゅうちょ)する何らかの原因が存在しているので、それらを取り除く必要があります。

いいねが多い場合の対処法

まず、いいねがたくさん付くのはその商品に魅力を感じている人が多い証拠です。

要は購入する一歩手前の状態な訳です。

いいねをしたのに即決しない理由

  • 他の出品者と価格を比べる
  • いつか買う
  • 待てば値下げするかも

購入されない主な原因としては、

「欲しいけどちょっと値段が高いかな〜」というのがほとんどです。

 

要は値下げコメントはしないけど、

値下げを期待している人が多い状態なのでそれを叶えてあげることで解決します。

 

この場合は再出品を繰り返してもあまり効果がありませんので素直に値下げをするべきです。

 

値下げをすると“いいね!”を押したユーザー全員に

「◯%値下げされました」と自動で通知されるので、

「待ってました!」と言わんばかりに即購入されることも珍しくありません。

 

100円単位の値下げでも個別に通知が飛ぶのは明確なメリットです。

特に“いいね!”が10以上集まっている状態での値下げは効果的ですので上手く活用しましょう。




 

いいねすら付かない場合は?

アクセス数も少なく、いいねすらされないのは基本的な部分に問題がある可能性があります。

価格が高すぎたり、商品の説明不足などが主な原因ですね。

 

まず、価格設定が相場から外れていないかチェックしましょう。

同じ商品が他の出品者から3000円で売れているなら3000円が相場なので、自分も相場に合わせて出品する必要があります。

 

特にホビー関連やノーブランド品は価格の変動が激しく、

1週間で500円単位で相場が動くこともあるので要注意です。

 

また、正式な商品名・型番・商品状態を記載して出品しないと、

検索に引っかかりにくくなるだけでなく、判断材料が少なさから購入を躊躇する原因にも繋がってしまいます。

 

出品する時間帯も重要な要素です。

多くのユーザーがアクセスしている時間帯を狙って出品をしましょう。

 

一般的にメルカリで売れやすい時間帯は平日の21時〜24時と言われていますが、

もし普段から上記の時間帯に出品していて売れないなら、あえて昼間に出品して様子を見るのもアリですね。

 

写真を綺麗に撮り直すだけであっさり購入される事もあるので色々と試してみましょう!

(なんだかんだ値下げが一番てっとり早いですけどね)

いいねがつかないときの改善案

  • 価格が相場からかなり外れている
  • キーワード不足・説明不足
  • 出品する時間帯を変えてみる
  • 写真を撮り直す



2 件のコメント

    • 実際、値下げするのが一番てっとり早い解決方法なんですよね・・・

      ちなみに利益が無くなるまで値下げしなくても大丈夫ですよ。
      いいねしたユーザーに値下げ通知が飛ぶので100円、200円程度の値下げでも一定の効果があります。

      もし、私の記事の内容が不快に思われたのであれば申し訳御座いませんでした。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    当サイトはお金に関する情報を提供するライフハックならぬ【マネーハック】ブログです。 メルカリ・ヤフオクせどり、輸入転売などを中心としたネットビジネスの情報を初心者でもなるべくわかりやすく発信することを心がけます。 【無料だけど有料レベルの記事】をモットーに多くの人のお役に立てれば幸いです。