ラクマで出品するメリットとは?メルカリと比較しながら解説する

どうも、チンパンジーまさるです。

 

みなさんはラクマで販売をしていますか?

ここ最近僕はラクマでの販売に力を注いでいます。

 

ちなみにラクマは国内ECシェアのトップである楽天市場が運営するフリマサイト。

2019年4月の時点で利用者数が1115万人を突破しており、フリマサイトの中でもNO3の規模となっています。

(ちなみに1位はメルカリ、2位はヤフオク)

 

そんなラクマも少し前まで「出品しても売れない」という問題を抱えていましたが、積極的にCMを打つなどでユーザー数が増えたおかげで結構売れやすくなったと感じています。

そしてラクマならではのメリットも多数存在してるのもあり、今後もまだまだ利用者は増加していくでしょう。

 

今回は、ラクマで販売するメリットについてメルカリと比較しながら解説していきます。

スポンサーリンク

サブの販路として優秀

よく「メルカリ以外のフリマサイトに出品しても売れない」という意見がありますが・・・

そんなことはありません。ラクマに出品してもそれなり売れます。

 

さすがにラクマをメインの販路として稼ぐのは厳しいですが、サブの販路としては非常に優秀だと思っています。

理由としては割引クーポンのバラ撒きや楽天スーパーポイントが使えるなどラクマだからこそ売れる要素あるからです。

ラクマならでは強み

  • 割引クーポンのバラ撒き
  • 支払いに楽天ポイントが使える
  • 楽天Pay決済でポイントが貯められる

特に支払いで楽天スーパーポイントが使えることで、

「メルカリと同じ値段なら楽天ポイントが使えるラクマで購入しよう」

といった心理が生まれるのは大きいと思います。

期間限定ポイントを手頃なラクマで消化する人もかなり多いですからね。

それでもやはりメルカリのほうが売れやすいのは事実です。

ですが、上で述べたようにラクマで販売する強みはしっかりと存在しているので、あくまでもサブの販路として充分期待できますよ。

販売手数料が安い

ラクマで販売する一番のメリットは間違いなく販売手数料の安さでしょう。

ラクマの販売手数料は3.5%とフリマ業界の中でもトップクラスの安さとなっています。

代表的なフリマサイトの販売手数料

  • メルカリ・・・10%
  • ヤフオク・・・8.64%
  • ラクマ・・・3.5%

当たり前ですが、販売手数料が安いことは販売者にとってメリットしかありません。

商品が売れた際の利益が増えるだけでなく、他のフリマサイトよりも安く販売して売れやすくする戦略も取れるようになります。

購入前申請機能がある

ラクマには購入前申請というメルカリにはない便利なシステムがあります。

購入前申請をONにして出品することで、自分が許可したユーザーとだけ取引できるようになります。

 

これによって悪い評価が多いユーザーを拒否したり、コメントでやり取りしている最中に横取りするユーザーを防止できる訳です。

これがメルカリだと商品が購入された時点で拒否ができないため、悪い評価が付きまくっているユーザー相手でも絶対に取引しなくてはいけません。

ラクマでは購入申請のおかげで見えている地雷を回避できるのが本当に有り難いです。

 

また、1つの商品を他サイトで同時出品する際にも役立ちます。

よくあるのが、「メルカリとヤフオクで同時出品したら両方とも購入された」というパターン。

こうなると片方をペナルティー覚悟でキャンセルしなくてはなりませんが、購入前申請を使うことで突然の在庫切れに怯えることなく同時出品が可能となります。

 

とは言え、購入者にとってはすぐに購入できない面倒なシステムと感じる人も多いのも事実です。

トラブルよりも売れやすさを重視するなら購入前申請はOFFにしたほうがいいかもしれません。

楽天銀行の利用者は振込手数料が無料

1万円以上の売上金を楽天銀行に振込指定することで振込手数料が無料になります。

(それ以外の場合は一律210円かかります)

 

これは以前までは大したメリットでもなかったのですが・・・

メルカリが2019年4月から、売上金の振込時に一律200円の手数料が発生するようになったため、ラクマならではの明確なメリットと呼べるようになりました。

 

また、楽天銀行利用者であれば振込申請から入金までのスピードも早く、最短で即日入金も対応しています。

メルカリにも入金を早めてくれるお急ぎ振込という機能がありますが・・・

さすがに即日入金には対応していませんし、振込手数料が合計で400円もかかるのが難点です。

 

楽天銀行の利用者限定になりますが、入金スピード・振込手数料ともにラクマのほうに軍配が上がりますよ。

売上金を楽天キャッシュで受け取れる

ラクマでは売上金を楽天キャッシュの残高としても受取ができます。

楽天キャッシュは楽天のサービスで使える電子マネーですが、楽天Payというスマホ決済アプリ通すことで街中のコンビニなどの買い物にも使えます。

 

以下が楽天キャッシュに対応しているサービスの一覧です。

https://cash.rakuten.co.jp/Guidance/GuidanceCashService/ より引用

「別に現金でいいんじゃね?」

と思われたかもしれませんが、売上金を楽天キャッシュにすることで振込手数料がかからないメリットがあります。

 

先程も言ったように、現金で受け取る場合は1万円以上で楽天銀行の利用者のみ手数料無料。

それ以下の金額、もしくは楽天銀行以外の金融機関を選択すると手数料が210円発生してしまうので、売上金が1万円以下なら楽天キャッシュで受け取ったほうがオトクになりますよ。

 

もし今からラクマを始める予定なら、登録時に招待コード【ouz0x】と入力して下さい。

ラクマで使える100ポイントが無料で貰えます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトはお金に関する情報を提供するライフハックならぬ【マネーハック】ブログです。 メルカリ・ヤフオクせどり、輸入転売などを中心としたネットビジネスの情報を初心者でもなるべくわかりやすく発信することを心がけます。 【無料だけど有料レベルの記事】をモットーに多くの人のお役に立てれば幸いです。