【2018年版】メルカリ圏外飛ばしの対策・解除方法について解説する

どうも、チンパンジーまさるです。

 

以前までメルカリで飛ぶように売れていた商品が急に売れなくなった経験はありませんか?

売れなくなったどころかアクセス数も0で、いいねもつかない状態なら圏外飛ばしにされている可能性があります。

 

圏外飛ばしとは何なのか?

今回はこの圏外飛ばしについての解説と原因と対処法について解説します。

メルカリの圏外飛ばしとは?

2017年の6月頃からメルカリで無在庫業者の取り締まりで多くの利用者が圏外飛ばしになったことで話題になりました。

今でも圏外飛ばしは存在しており、一般の利用者も出品の仕方によっては圏外飛ばしにされる事もあるので注意が必要です。

 

圏外飛ばしとは商品を出品しても検索結果に反映されない状態のことを指します。

検索結果に反映されないため、圏外飛ばしにあった出品者の商品を誰も見つけられなくなるのです。

いきなり売れなくなって、アクセス数が無くなったら圏外飛ばしを疑いましょう。

圏外飛ばしの確認方法

圏外飛ばしの確認方法はとっても簡単です。

 

試しに商品を1つだけ出品して、すぐに自分の出品が反映されているか検索をしてみましょう。

例えばイヤホンを出品したらイヤホンと検索して、検索結果に自分の商品が反映されてなかったら圏外飛ばしになっているということです。

若干反映されるのが遅れることもあるので、5分ほどおいて再検索しても見つからなかったら確実に圏外飛ばしになっているという事です。




 

圏外飛ばしの解除方法は?

圏外飛ばしはアカウント停止(BAN)とは違うので解除は可能です。

メルカリのアカウントが停止してしまった!?原因と復活方法を紹介する

しかし残念ながら圏外飛ばしからすぐに復活できる方法は今のところ存在しません。

 

運営に解除するよう問い合わせても、こちらの違反もしくは不審な行動での制限処分のためまず解除してくれません。

唯一の解除方法は出品するのをやめてただ待つことです。

 

圏外飛ばしは1〜2週間放置するだけで解除されます。

 

大量出品や出品方法などが原因なため、懲りずに出品してる限りなかなか解除されないので諦めて放置しましょう。

解除時に通知も来ないのが不便ではありますが、10日ほど様子を見てから1品だけ試しに出品して解除されているか確認してみましょう。

解除されていなければ、また1週間放置して確認の繰り返しです。

 

以前、僕も圏外飛ばしにされたことがありますが、出品せずに放置して12日目に確認したら何の通知もなく解除されていました。

 

圏外飛ばし中はメルカリにアクセスしないほうがいいとの噂もありますが、僕は12日の間出品と再出品をしていないだけでアクセス自体は毎日していましたが問題なく解除されました。

商品の出品・再出品さえしなければ、メルカリへのアクセスはもちろん買い物をするのも関係ないと思います。




 

圏外飛ばしの原因とは?

無在庫業者や転売ヤーを排除する目的で圏外飛ばしをしているため、大量出品などが主な原因とされています。

基準についてはメルカリ公式から一切アナウンスがないため推測となります。

圏外飛ばしになる原因

  • 大量出品&削除
  • ツールの使用
  • アマゾンなどの画像を使って出品する

当時の無在庫業者はツールを使って1日に何度も再出品を行っていたので、それを自動で感知するロボット(AI)を導入したという噂が一般的です。

運営が目視で業者だと判別している訳ではないので、短時間で多く出品をしたり、アマゾンの画像をそのまま使うとロボットに業者と識別されてしまうようなのです。

※あくまでも噂なので参考程度にお願いします。

圏外飛ばしの対策は?

対策としては業者だと判別されない工夫が必要です。

圏外飛ばし対策で有効な対策

  • 出品は1日15品まで
  • 出品ツールは使わない
  • 発送期間を短めに設定する
  • 商品画像はなるべく現物を撮影する

1日15品までというのは、未だメルカリ公式から出品上限数の発表がないのであくまでも推測です。

人によっては20だったり30だったりしますが、僕は15品くらいの出品で圏外飛ばしにあったのでこのくらいだと思っています。

一般の利用者であっても不用品をまとめて大量出品すると圏外飛ばしに合う可能性があるので、優先順位を決めて少しずつ出品することをオススメします。

 

出品ツールの使用は論外ですね。

最近はツールを検知されたら圏外飛ばしどころかアカウントが停止するらしいので、絶対に使わないで下さい。

 

発送期間と現物の画像は無在庫業者だと識別されない対策です。

最近ではネットで拾った画像(アマゾンなど)で出品すると、業者だと検知されて検索順位が下がるようなったとの噂もありますので、なるべく実物で撮影をしましょう。




 

さいごに

圏外飛ばしは実質1〜2週間の出品停止処分です。

不用品処理ならともかく、転売で稼ぐ目的で利用しているならかなりの痛手となってしまいます。

 

確かにメルカリでは大量出品をすれば人の目に触れる機会が増えるので売れやすくはなります。

しかし、それで圏外飛ばしになってしまえば結局大幅なタイムロスになるので意味がありません。

1日15品くらいで我慢して少しでも売れるのと、2週間全く売れないのでは訳が違いますからね。

 

昔に比べて制約が増えて不便にはなりましたが、逆に言えばツールを使って大量出品していた業者が消えたので売れやすくなったとも言えます。

今までのような大量出品&薄利多売戦法は厳しいですが、高単価を狙いやすくなったので今のメルカリは稼ぎ時だと思いますよ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトはお金に関する情報を提供するライフハックならぬ【マネーハック】ブログです。 メルカリ・ヤフオクせどり、輸入転売などを中心としたネットビジネスの情報を初心者でもなるべくわかりやすく発信することを心がけます。 【無料だけど有料レベルの記事】をモットーに多くの人のお役に立てれば幸いです。